杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 暖かい日と寒い日を繰り返して、少しずつ春が近づいてきていますね。
 早いもので、今のひよこ組の生活も後1ヶ月となりました。4月から始まったひよこ組。新しい環境の中で涙することもありましたが、友だちと生活する中で一緒に遊ぶと楽しいということを経験し、毎日の園生活が充実したものになってきていると思います。一番成長の著しい大事なこの時期、子どもたちと一緒に過ごし、保護者の方とも子どもたちに輝く姿を見守っていけたことを嬉しく思っています。
 3月とはいえ、まだまだ寒い日もありますが、体調に気をつけながら、暖かい日には戸外で思いきり体を動かして遊んだり、進級に向けて新しいクラスで過ごす時間も取り入れていきたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 4月の頃は、まだまだ赤ちゃんらしさの残るうさぎ組さんで、お母さんから離れる時も「ママがいい〜」と涙・涙のスタートでした。
 また、自分の事も出来ないことが多く、「せんせ〜い、して」「できん〜」と言ってきたり、何をするにも手助けが必要でした。そんなうさぎ組さんでしたが、一つひとつの経験を重ねていくうちに、少しずつ私たちの手を借りずに自分の力でできるようになり、毎日の生活の見通しも理解して行動しようとする姿が見られるようになりました。
 また、自分のことより先に友だちのことを心配してあげたり・・・友だちが泣いているとすぐに頭を撫でて「だいじょうぶよ!!」と声をかけたり、慌ててテッシュペーパーを取りに行き、涙を拭いてあげたりする優しさがいっ〜ぱい見られるようになりました。
 そんな1人ひとりの成長や優しい気持ちを感じるたびに、心が温かくなったり、癒されたり、感動したり・・・の毎日でした。

 
 

 
 

 
 

 
 

 友だちといっぱい遊んで、たくさんケンカして、笑ったり泣いたりして、一年間いろいろなことを経験して、いろんなことを学んで、心も体もぐ〜んと大きく成長しました。
 自分のことで精いっぱいだったきりん組の子どもたちも、友だちを気遣い「どうしたん?」「泣かんでいいよ」「だいじょうぶ?」と心配したり、「してあげようか?」と助けてあげようとしたり・・・たくさんの優しさを見せてくれるようになりました。そんな姿を目にすると、心が温かくなり、癒されました。
 これからも友だちと一緒にいっぱい遊び、たくさんのことを経験し、一緒に楽しく学んで成長していってほしいと願っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 菜の花やタンポポ、オオイヌノフグリの花が咲き始め、春の訪れを感じさせてくれます。
 「せんせい、リーダーさんやお別れする友だちにプレゼントつくろう}「ことばでおれいを言おう」など、3月の行事を話していると、卒園に向けて自分たちで出来ることを意識し始めています。そして、自分たちが今年度リーダーになる、という意識も強くなってきて、今までリーダーさんがしていたことをやりたいと思う気持ちも出てきています。その思いを受け止めて、お別れ会、当番の引き継ぎ、卒園式の練習など、年長児と関わる機会を通して進級への憧れを持ち、積極的に自分たちで進めていこうとする意欲を高めていきたいと思っています。
 もう春はそこまで・・・春の自然を感じ、充実した日々を送ってほしいものです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる