杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 今年の梅雨は雨の量も多く、時折強い雨が降ると窓の外をじっと見つめる子どもたち。「あめがすごいねぇ」とつぶやくと、「あめ、あめ」「あめ、すごい」と言葉を真似っこしています。
 室内遊びが多くなる季節ですが、体を動かす遊びをたくさん経験しています。マット・トンネル・牛乳パックの平均台などでサーキット遊びをしたり、体操やリズム遊びで全身を使ってます。
 梅雨が明けると、水遊び・プール遊びも始まります。今年のひよこ組さんは、水が大好きなお友だちが多いようなので、とても楽しみです。怪我や事故のないよう、十分に気をつけながら、思いきり遊べる環境を用意していきたいと思っています。
 夏ならではの遊びを楽しみながら、様々な経験をさせたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 雨の多い毎日ですが、子どもたちは元気いっぱいに遊んでいます。「せんせ〜い、あめふってるね〜」「ながぐつ、はいてきた」「あっ、みて〜!かえる」など可愛い声で話しかけてくれ、私たちも笑顔になります。
 雨上がりには、園庭に出て、大好きな砂や水に触れて遊んでいます。雨の日は、ままごとやお医者さんごっこ・恐竜ごっこ・紐とおし・洗濯ばさみあそびなど、好きな遊びを楽しんでいます。
 好きな遊びを通して、友だちとのかかわりも増えて、「いっしょにあそぼ〜」とかかわりながら遊ぶ姿が見られます。同じもの、同じ遊びに興味を持ち遊んでいる中で、「〜ちゃんの!!」「だめ〜」など取り合いになることも多いですが、自分の気持ちを主張することも、友だちの気持ちに気付くことも大切な経験になります。
 これから梅雨が明けると、子どもたちの大好きな水遊び・プール遊びができる夏!!夏にしか経験できない活動を取り入れていき、楽しんでいきたいと計画しています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 今年の梅雨は、雨がよく降りましたね。梅雨明けが待ち遠しいです。
 6月は、梅雨時期ならではの活動も多く取り入れることができ、子どもたちと楽しむことができました。雨上がりの園庭でカエルを見つけたり、田植えをしたプランターの中のオタマジャクシを見たりしました。雨や水たまり、アジサイの花などに興味を示し、「せんせ〜い、きて〜、カエルみつけた〜」「あっ、あめがすこしみなったね」「しずくが、ぽとんぽとんっておちてくるね〜」「ちょっときて〜、オタマジャクシにあしができてる」など、発見や感動を友だちと共有して楽しんでいました。雨の日も楽しんでいる子どもたちの姿を見ていると、雨に季節も素敵だなあ〜と思いました。
 梅雨が明けると・・・待ちに待った夏本番!!子どもたちの大好きな水・泥・プール遊びが待っています。水を使った遊びもいろいろしていきたいと思っています。遊びの中でのいろいろな気づきや発見、感動を大切にして、夏の体験を楽しんでいきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 あじさいの花が雨に濡れ、美しく輝いています。ある朝、幼稚園に咲いているあじさいに目をやり、「せんせい、あそこ、あじさいきれいにさいてるよ」と次々に知らせてきました。そこで、みんなで見に行きました。近くで見ると、きれい、かわいい、いろいろな色がある、とそれぞれの気付きを言葉にしていました。その後、近くの田んぼにも行ってみました。「あっ!おたまじゃくし!どろカエル!」今度は男の子たちが次々に発見、へびいないかな・・・と、ずっと見入っていました。
 おたまじゃくしを少しいただいて、園で飼育中です。すると、毎日観察していたある日、「あっ!あしがでてる!カエルになるのかな?」と、梅雨期に出会える自然に興味を示し、気付きや発見に目を輝かせていました。今、おたまじゃくしは田んぼの中で元気に泳いでいます。又、クワガタ・アリも飼育中です。
 7月も様々な活動を通して、発見する楽しさやおもしろさを体験し、たくさんの感動を味わってほしいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる