杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 お盆を過ぎると吹く風も秋の気配を感じ始めるようになり、9月には入るとめっきり秋風になりました。中庭にあるぶどうも早々に収穫し、皆で食べましたよ。園庭に出ると、ぶどうのところへ行き、採ってくれるのを待っている子もいたりして「あれはまだ早いね」と言ったら、??でしたが、次の日も見てました。「まだかなあ〜」と見たりして愛らしかったです。
 初秋は、夏の疲れが出たり気温差で体調を崩したりと、体調不良があったりします。健康管理をおうちの方と一緒にし、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋をしっかり満喫したいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 天気に恵まれ、毎日のように水遊びをしていた8月もあっという間に過ぎていきました。「お祭り行った」「海行ったよ」「花火見たよ」と、お家の方と過ごした夏の思い出をとても楽しそうに話してくれました。
 9月に入り、吹く風も匂いもすっかり秋を感じるようになってきました。朝のお集まりでは、“とんぼのめがね”や“こおろぎ”など秋のうたを歌っています。
 そして、秋の大きな行事でもある運動会!カレンダーを見ながら「この日が運動会だよ」と話をしました。「よーいどんする?」「やったー!」「何の踊りする?」と、ワクワクしている子どもたちです。夕方も、ぞう・きりん組と一緒に、開会式や体操の練習をしています。お姉ちゃんやお兄ちゃんの真似をしながら頑張っていますよ。行進やリズムの練習にも張り切っています。楽しく体を動かして、取り組んでいきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 あっ〜い夏が続いていましたが、時折スーッと吹きぬける風に・・・もう秋だね〜と秋の訪れを感じる季節になりました。
 夏の間、プール遊び・川づくり・色水遊び・フィンガーペインティング・絵具遊びなど・・・いろいろな夏の遊びを友だちや異年齢でかかわりながら、十分に楽しむことができました。また、水遊びの準備や着替え、始末も自分で出来るようになり、頼もしく感じることが多くなりました。日に焼けたきりん組さんが、ひとまわり大きくなったように感じます!!
 これからは、運動会に向けての活動が多くなります。みんなで一緒に、一つの事に取り組む楽しさや達成感を感じられるような活動を取り入れていきたいと思っています。
 また、集まる・並ぶ・順番を待つ・友だちと一緒に表現する・体を動かす・ルールを守るなどの活動も大切にしていきます。まだまだ日中は、暑い日が続きそうですが、体調に気をつけて元気いっぱいに過ごしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 朝晩と冷える日が多くなってきて、台風が秋をつれてきたように感じます。
 川遊びや家族での楽しい思い出がたくさん増え、「このまえ、お泊りに行って花火したんよ」「僕は海に行ったんだよ〜」とお話したり、ごっこ遊びで楽しかったことを再現して遊ぶ子どもたちです。
 8月は小学生やボランティアの高校生、大学の学生など、年上のお兄さん・お姉さんと一緒に過ごしたり、小さいクラスに分かれて交流保育を行ったりと、異年齢とのかかわりが多くあった月でした。交流保育や8月のお祭りごっこを見ていて感じたことがあります。子どもたち、年下の子へのかかわり方がとっても上手なんです。たくさんの優しい言葉、素敵なかかわり方が多く見られました。小さい子も嬉しそうにお世話しもらっていましたよ。今までお家の方に、年上の子に、周りの大人にしてもらって嬉しいこと、優しい言葉が多くあるからこそ、小さい子にもそれと同じように接することができているのだと思います。このような関わりで年上としての自覚が育ち、自信もついていくことでしょう。また、小さい子も大きくなった時に、この優しさを下の子に伝えていくのだと思います。素敵なことですね。子どもたちの暖かいかかわり、つながりを大切にしていきたいと思っています。
 8月の後半から運動会の練習に取り組んでいます。マーチングやフラフープ、平均台やかけっこなどの運動遊び、どれも意欲的に参加している子どもたちです。まだまだ上手くでなきないところもありますが、あきらめないで頑張ることの大切さ、できるようになった喜び、みんなで一緒に作り上げていくことの楽しさを感じられるような取り組みをしていきたいと思います。子どもたちの頑張っている姿、過程を大切にし、一緒に嬉しさ楽しさを共有していきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる