杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 毎日暑い日が続いていますね。「あ〜今日も暑くなりそう!」と、大人はつい口にしていまいますが、子どもたちは体は小さくても元気一杯!です。
 これから、30度を超える日が続く夏本番!安全面に十分気をつけながら水遊び・プール遊び・泥んこ遊びなど、夏の遊びを楽しみたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 長かった梅雨も明け、太陽もギラギラと真夏日が続いています。天気も味方し、毎日のように大好きなプール遊び、水遊びを楽しんでいます。
 ぞう組さんがお世話していたカタツムリに興味津々の子どもたち。園庭に出ると真っ先に虫かごを見つけ、「せんせい、みる!」と言いながら指差していました。大きなカタツムリ・・・最初は恐る恐る見ていましたが、友だちが触っているのを見て安心したのか、虫かごの中から出してテーブルの上を散歩させていました。「でんでんむしむし、おおきいね」「なにたべる?」「(テーブルから)おちそうよ〜」と、素敵なつぶやきも沢山聞かれました。また、みんな手でカタツムリの形を作り、歌を大合唱する姿がとても可愛らしかったですよ〜♪
 沢山の言葉を覚えるこの時期、おしゃべりがとても上手になり、友だちとの会話も増えています。自分の思いを伝えることや、伝わることの楽しさ、言葉の大切さも少しずつ知らせていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 暑い毎日が続いていますが、きりん組さんは元気いっぱいにプール遊びや水遊びを満喫中です!!
 水遊びの準備や着替え、持ち物の後始末なども自分で出来るようになり、意欲的に取り組んでいますよ。「せんせーい、みて〜!!」「ワニさんおよぎ、できたよ〜」・・・と、とても嬉しそうです。フラフープのトンネルくぐり、水中宝探しなどのプール遊び、色水遊び、絵具遊びなどの楽しい活動を計画し、取り入れています。夏にしかできない遊び楽しみ、たくさんの体験をして、暑い夏を乗り切っていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 長かった梅雨も明け、夏本番となりました。「今日も晴れたね!朝なのに暑い!」「雲がソフトクリームみたいになってる」「なんだか地面がユラユラしてるよ?あれは何?」と肌で・目で・体いっぱい夏を感じている子どもたちです。7月は雨の日も多く、製作をする機会も多くありました。七夕飾り、カラーセロファンを使ったステンドグラス、折り紙や廃材を使った船作りなど・・・。最初は保育教諭と一緒に作っていきますが、2回目・3回目にもなると「先生、次はこの色使ってみたい」「こんな風に折ったらよく飛ぶかな?」「こんな風にしたいんだけど、どうしたらくっつくかな?」と次第に自分のイメージするものを作り上げようと考え、挑戦しています。難しい顔しながら作り、だんだんと形になっていくと「できた!」「かっこいいね!」と達成感・満足感いっぱいに笑う子どもたちに、こちらも嬉しくなります。子どもたちが自分で考え、様々な方法で表現できるように、材料は資料、環境を整えていこうと思っています。
 8月はお家で過ごしたり、お祭りやお盆など、様々な人と触れたり経験することが増えると思います。園だけでは体験できない経験をすることで、さらに知識や人間関係の幅が広がっていくことでしょう。暑い日が続きますので、体調に気をつけながら、楽しい夏を過ごしてください。また、お休みの楽しい出来事など、子どもたちとお話しするのを楽しみにしています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる