杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 梅雨に入り毎日ジメジメしていますね。子どもたちも、室内での生活が長くなると少々イライラ、オモチャの取り合いも多かったりするので、雨が降っていないときは、中庭に出てエネルギーを発散して伸び伸び遊んでいます。
 早く梅雨が明けないかなぁ〜。これからもオモチャの取り合い、場所の取り合いでかみつきなどが発生しないように気をつけたいと思っています。
 今月は、子どもたちの大好きな水遊び、沐浴を楽しみ、夏ならではの遊びをたくさん経験させたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 今年は梅雨が長いようですね。子どもたちは外を見て、「きょう、あめ!」「(雲が低くて)やまみえんね〜」「あめふってないけん、そとにいく!?」と園庭に出るのを楽しみに待っています。もちろん園庭に出れば遊具や砂場、三輪車やフラフープなど、大好きな玩具を見つけて楽しんでいますが、雨の日は製作やリズム遊び、室内遊びなども楽しんでいます。
 6月はかえるのうたやかたつむりなどの歌を毎日唄ってきました。「カエルがいい!」「でんでんむしがいい!」とリクエストされ、ピアノを弾くと、自然と両手でカタツムリの形を作り、大きな声で歌う子どもたち。雨雲を吹き飛ばすくらいの元気な声です。
 又、ぞう組のお友だちが家から持ってきてくれた大きなカタツムリに興味津々、虫かごに顔を近づながら、カタツムリが動く様子をじ〜っと観察していました。本格的な夏になり、季節の変化を感じたり、虫を見つけたり水に触れたりと自然に触れる機会も増えていくと思います。一人ひとりの発見や気付きに共感しながら、たくさんの自然に触れていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 6月は、梅雨時期ならではの活動も多く取り入れることができ、子どもたちと楽しむことができました。
 雨上がりや小雨の散歩の中で、カエル・オタマジャクシ・イモリなどを見つけたり、雨や水たまり・しずく・アジサイなどに興味を示し、「さんせーい、カエルがいるよ〜!!」「みてーあめがふって、おおきなうみになってる〜」「しずくが、キラキラしてきれい」など発見や感動を友だちと共有して、楽しんでいました。そんな子どもたちの姿を見ていると、雨の日もステキだな〜と感じる季節でもありました。
 梅雨が明けると・・・夏本番!!子どもたちの大好きな水・泥・プール遊びが待っています。水を使った遊びもいろいろ計画中です。遊びの中でのいろいろな気付きや発見、感動を大切にして、夏の体験を楽しんでいきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 6月は、梅雨・・・。雨の日が多く「6月○日、○曜日、お天気は雨です!…また雨かぁ〜」と子どもたち。お外で思いっきり遊べなくてなんだか物足りない様子です。ですが、室内で自分の好きな遊びを見つけ、じっくり取り組んでいます。ラキューやマグフォーマーでは、作りたいものを図案をもとに作ったり、自分のイメージするものを表現したり、友だちとイメージを共有して一緒のものを作り上げたり…「みて〜一人でできたよ」「一緒だとこんなに大きなものができたよ」と作り上げた喜びを笑顔いっぱいで教えてくれる子どもたちです。「その形がどれくらい必要で、どのように組み立てるか」数や手順、立体把握などが育ってきていますね!
 今月は製作もたくさんしました。アジサイ・傘・てるてる坊主・時計・父の日のプレゼント、そして七夕飾り。時計作りでは、数字に興味を持ち、時計を見ながら自分で数字を書いてみました。生活の中でも「長い針が○になるまでにトイレに行って席に座りましょう。}などの声かけで、「あと少しでなるね」と意識しながら行動ができています。今後も子どもたちの興味・関心を大切にし、数字やひらがなに触れる機会を多く持っていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる