杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 遊び・食事・睡眠(昼寝)・おやつなど、園での生活にも慣れて、表情やしぐさ、喃語、片言で自分の思いを表現して受けとめてもらうことで、安心して過ごせています。5月は、子どもたちの大好きな戸外に出て、たくさん遊ぶことが出来ました。
 6月は雨の季節・・・大好きな戸外遊びが出来なくても“やってみたい!”“たのしいな〜”と感じられるような活動を取り入れていきたいと思っています。また、雨上がりや晴れた日には戸外に出て、砂や水に触れたり、梅雨の自然(水たまり、しずく、カエル、かたつむり、おたまじゃくし、あじさいなど)を発見し、触れる機会を作っていきたいと計画しています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 5月、真夏のような天気が続き、園庭では水遊びも始まりました。ぞう、きりん組の遊びに圧倒され、しばらく眺めるだけのうさぎ組さんでしたが、おにいちゃん・おねえちゃんの輪の中に入り、足を水につけらり、ペットボトルに水を入れたりと、遊びを真似して楽しんでいました。天気の良い日が多かったので、園庭だけでなく園外に散歩に行くこともできました。まだ、友だちと手を繋いで歩くのは難しいので、今は散歩ロープを使っています。「てんとう虫いたね〜」「どこどこ?」「このお花かわいい」「もせて〜」といろいろなことに興味や関心を向ける子どもたち、自然物も発見できて、散歩に行く事をとても楽しみにしています。
 6月も天候や気温を見ながら、散歩に行きたいと思います。また、雨の日は室内での遊びも充実させ、様々な経験をさせてあげたいと思っています。
 「○○ちゃんと遊ぶ」「一緒に遊ぶ」と、友だちへの関心も大きくなるにつれて、思いを通そうとしたり、気持ちが伝わらずにトラブルになることも多くなってきました。一人ひとりの気持ちを大事に受け止めながら、友だちとの関わり方や遊びの中でのルールなど、しっかり伝えていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 入園して・進級して2ヶ月が経ちました。新しいクラスにも慣れてきたきりん組さん・・・生活の流れが分かるようになり、朝の会や給食の前には、声をかけなくても着席して待つことが出来るようになりました。朝の会、絵本の読み聞かせなど集中して話を聞いています。
 また、ぞう組さんと遠足に行ったり、ジャンボ鯉のぼりを一緒に作ったり、集会やパーティの日に参加して、異年齢の友だちとのかかわりも楽しむことができました。自然の中で伸び伸び体を動かして、砂や草花を使って遊びに取り入れたりして、いろいろな発見や触れ合いのあった5月でした。
 梅雨の時期を迎え、室内遊びが多くなるなりますが、子どもたちが、“たのしいな〜”と感じられるような遊びを取り入れていきたいと思っています。また、雨上がりには、オタマジャクシやカエルを探しに行ったり、水たまりで遊んだりして、梅雨期にしか経験できない活動を計画しています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 5月は天気の良い日も多く、夏が来たかのように暑い日もありましたね。暑い日ざしにも負けず元気なぞう組さんです。
 園庭では、追いかけごっこやままごとなど自分の好きな遊びを楽しんだり、見つけた虫や花、雲を図鑑で調べたりし、友だちとの喜びや驚きを共有しています。「今日は誰がご挨拶するの〜?」とご挨拶や布団敷きなどの当番活動も積極的にしてくれている子どもたちです。この当番活動を通して、自分の役割を果たす責任感、みんなで協力して出来た達成感を伸ばし、やる気を認めていくことで、子どもたちの自信・自己肯定感を伸ばしていけたらと思っています。身の回りのしたくも上手になり、登園後、保育教諭に声をかけられることなく、シール貼りや体操ズボンへの着替え、汚れた服の始末などが出来るようになってきました。朝のお集まりでは「今日は○月○日、○曜日、お天気は○○です」と数字や天気、日付の読み方などに興味を持ちながら毎日みんなで確認していっています。1日(ついたち)2日(ふつか)3日(みっか)20日(はつか)など読み方の違う日付がくると「何でだろうね」と疑問を持ったり、「昨日は4日(よっか)だったね」と話しています。
 もうすぐ梅雨に入ります、急に雨がザァッと降ってくると、大人は慌てて家の中に入りますが、子どもは・・・ほとんどの子が一度は外へ飛び出してしまいます。雨を触ったり、雨を見たりして喜んでいます。雨に濡れて学ぶこともあるのです。園では小雨のときは傘を差して散歩するなど、雨と遊ぶ工夫をした教育を計画しています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる