杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 おにわそと〜!!ふくわうち〜!!
 ひよこ組さんも可愛い鬼のお面をかぶって豆まきをしました。泣き虫鬼さん・おこりんぼ鬼さん・好き嫌い鬼さんなど・・・いろんな鬼さんを追い出して、これからも元気いっぱい過ごせますように〜と願いながら、豆まきをしました。立春が過ぎると少しずつ春が近づいてきます。
 ひよこ組さんも一歩一歩確実に大きく成長していっているのだな〜と感じる今日この頃です。また、一人ひとりの生活習慣を見直しながら、4月にはみんなが喜んで進級できるように見守り、応援していきたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 今年度も残り2ヶ月となりました。寒さの厳しい2月ですが、雪や氷などに触れ、寒い季節ならではの遊びをたくさんしていきたいと思っています。
 友だちと一緒に遊ぶのが楽しいうさぎ組さん。仲良しの友だちを誘い、役割のあるごっこ遊びも多く見られるようになりました。
 生活面でも簡単な身の回りのことを自分でしようと、友達と助け合う微笑ましい姿も見られ、日々の生活の中でも成長を感じ嬉しくなる毎日です。これからもこの姿、気持ちを受容し、援助してできる喜び、できた満足感が味わえるに関わっていきたいと思っています。
 春のような暖かい日もありますが、まだまだ寒い日が続くと思います。温度差が激しいので、体調管理に気をつけて生きたいですね。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 2月には入る前に、2月の活動・行事などを子どもたちに伝えると「まめまきする?」「ぼく2本のつのにしよう」「ピンクおににしたいなー」と次々と子どもたちの思いが言葉であふれて生ました。すぐに、節分に向けての取り組みが始まり、2月には入ると楽しみ半分、ドキドキ半分のようです。鬼を退治して福を呼び込みま〜す!!
 2月になり、少しずつ進級・卒園に向けてお話しをして、いろいろな活動に取り組んでいぃます。子どもたちの中にも変化が見られるようになっていくことでしょう。
 最近では、4歳児のお友だちは、3歳児のお友だちへの思いやりの姿(例えばお茶をこぼすと、気付いて雑巾で拭いてくれたり・・・)3歳児は4歳児への憧れ気持ちを持ち「どうすると?」と聞いたり、お手紙を書くのを真似したりする姿が見られます。
 今月も、パーティー(レストランごっこ)・マラソン大会・お弁当の日という行事があります。行事を通して異年齢児へのかかわりが持てるように、又、卒園・進級を前に心に残る出来事となるように、援助していきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 まだまだ寒い日が多い月ですが、秋に植えた球根が土の中から顔を出して、“春”が近付いてきていることを知らせているようです。子どもたちにとっては、春は卒園・進級・入園・入学と一歩踏み出すときですね。私たちも子どもたちに寄り添いながら、みんながまた大きく成長できるように関わっていきたいと思っています。
 そこで、今学期に入り一つの取り組みとして、健康な体力づくりを目指して朝マラソンをしています。二つ目は(今までも年齢別の取り組みはしていましたが)10:30〜11:30の1時間は年齢別活動で運動・音楽・集団遊び・製作など、日々取り組んでいます。活動が終わり自分のクラスに戻ると、「せんせ〜、きょうは○○したんよ〜」と目をキラキラと輝かせて報告してくれます。同年齢の友だちと関わり、遊びが密になってきています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる