杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 吹く風が少しずつ冷たくなり、秋から冬にバトンタッチする時季になりました。
 お散歩に行くと、ドングリを見つけて「みてみて」と拾って帰ったり、中庭での遊びでも落ち葉を拾ったりして、この時季ならではの遊び感覚をその年齢なりに味わっているひよこ組さんです。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 日差しも少しずつ弱まり、冬の気配が感じられるようになりました。風が吹くと秋から冬への変化が感じられます。
 今年も園庭のドングリが実を付けたくさん落ちてきました。「みてー!大きなドングリ」「まぁるいね。かわいいね」「ぼうしだけここにあるよ」と大喜びの子どもたちです。“ドングリ”や“焼き芋グーチーパー”、“まつぼっくり”等の秋の歌を歌いながら秋の自然を楽しんでいます。
 また、年上児とのかかわりも多くなり、一緒にままごとごっこをしたり、追いかけっこをしたり・・・自分たちなりに遊びを見つけて楽しんでいます。「○○ちゃん、あそぼう!」と声をかけ誘い合う姿も多く見られるようになりました。まだまだ衝突してしまうこともありますが、自分の思いを言葉にして伝えられるように仲立ちしながら、一緒に遊ぶことの楽しさを感じれるようにしていきたいと思います。
 秋の深まりと共に活動も多様になり、情緒も豊かになっています。今月はまだまだ自然とふれあい、そしておたのしみ会に向けても楽しく取り組んでいきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭のイチョウの葉が舞い落ち、イチョウの木の下は綺麗な黄色のじゅうたんのようです。
 園庭に出ると「わぁ〜、イチョウの葉っぱがきれいだよ〜」「あつめてあそぼう〜」とさっそく遊びに取り入れ、ケーキ作り・お弁当作り・花束作り・・・など自然物を使って友だちと一緒に楽しんでいる姿が見られます。
 10月は天候にも恵まれ、戸外活動を十分に楽しみました。散歩にも出かけ、自然に触れたくさんの発見をし、感性が豊かに育まれていつ子どもたちです。又、開放的になり思いっきり体を動かして遊ぶことも出来ました。この時期、友だちとかかわりが豊かになっている中で自己主張からのトラブルもあります。自分の気持ちを友だちに伝えたり、話を聞いて友だちの思いに気付いたりすることが出来るように見守りながら、“友だち大好き”“友だちと一緒だと楽しいな”と思えるように仲立ちし、関わっていきたいです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 春、部屋から見えていた藤の花は、黄色の葉っぱへと姿を変えてヒラヒラと落ちています。園庭に出ては、落ち葉拾いやドングリ集めをしています。
 今月は、おたのしみ会の練習も始まりますが、あたたかい日は戸外でも体を動かして遊びたいと思います。
 また、秋から冬への季節の変化も感じながら、子どもたちとたくさんの発見をしていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる