杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 2014年新しい年がスタートしました。「あけましておめでとう」とみんなで新年の挨拶をしました。
 どの子もお家でゆっくり過ごし、満足した顔が並んでいました。子どもたちのおしゃべり、表情、また今年も笑顔で過ごせそうです。
 「笑う門には、福来る」・・・笑うことは脳を刺激し活性化させるだけでなく、健康にも良いと言われます。今年も大いに笑って幸せになりますように。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 可愛い声、可愛い笑顔で「あけましておめでとうございます」とうさぎ組さんに、みんな笑顔になりました。久ぶりに合った子どもたちは「たこあげしたよ」「おもちぺったんしてたべた」「ママといっぱいあそんだよ」などなど・・・嬉しそうに話してくれました。お正月休みは楽しいことが沢山あったのでしょうね。子どもたちの笑顔に心弾む新年です。
 うさぎ組として残り3ヶ月、楽しく笑って過ごせるようにしていきたいと思っています。子どもたちの成長も楽しみですね。
 園と家庭が協力し合って、楽しく子育てをしていけたらと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 「せんせーい。おとしだまもらったよ〜」「おもち、いっぱいたべたよ」「おみやにおまいりにいったよ〜」など、お家の人と迎えたお正月の経験を話してくれました。楽しく過ごしたお正月で、心も体もグーンと大きくなったようです。いろいろな人との関わりや楽しい経験は、心も豊かになります。
 今年も子どもたちといろいろなことに挑戦しながら、たくさんの経験を通して心豊かにやさしくたくましく成長していってほしいと願ってます。みんなの成長を楽しみにしていますよ。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 明けまして おめでとうございます。
 今年も健康で元気に過ごせますように、どうぞよろしくお願いします。
 北風が吹く中子どもたちは、寒さも気にせず園庭に出て鬼ごっこをしたりして元気いっぱいです。子どもたちは風の子といいますが、本当にそう思います。
 今年もたくさん遊び、いろんな経験をして、たくさんの思い出を作ってほしいと願っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる