杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 朝夕の冷え込みで寒さを感じるようになりましたが、日中はとてもおだやかで過ごしやすく秋真っ只中です。澄み渡る青空の下での園庭あそびは、今一番子どもたちの楽しみです。「おそとであそぶよ」と声かけると喜んで外に出て行きます。0歳児も1歳児も戸外あそびが大好きです。
 今月も健康に気をつけ、たくさんの戸外遊びを楽しみ、秋の自然に触れていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭の落ち葉が北風に乗って、くるくるとダンスを始めました。深まりゆく秋・・・ですね。
 大きな園庭にドングリの木があるのですが、今年もたくさん落ちてきました。「みてー!まん丸ドングリ」「帽子かぶってるよ」と大喜びの子どもたちです。“どんぐり”“やきいもグーチーパー”“まつぼっくり”等秋の歌も歌いながら秋の自然を楽しんでいます。また、年上児との関わりも多くなり、一緒にままごとをしたり、追いかけっこをしたり・・・自分なりに遊びを見つけて楽しんでいます。
 「○○ちゃん、遊ぼう!」と声をかけ誘い合う姿も多く見られるようになりました。まだまだ衝突してしまうこともありますが、自分の思いを言葉にして伝えられるように仲立ちをしながら、一緒に遊ぶことの楽しさが感じられるようにしていきたいと思ってます。
 秋の深まりとともに活動も多様になり、情緒が豊かになっています。今月はまだまだ自然とふれあい、そして、おたのしみ会に向けても楽しく取り組んでいきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭のイチョウの葉が黄色に変わり始め、秋の深まりを感じる季節になりました。
 子どもたちは、風が吹くたびに落ちてくるドングリに目を輝かせて・・・あっ!!と大喜びの毎日です。又、園庭に落ちた木の葉やコスモスの花びらを友だちと拾ったり、集めたりして、お弁当やケーキ、プリンなどを作ったり、たこ焼き屋さんごっこに使ったり・・・といろいろなあそびに取り入れ、発展させて遊んでいます。
 同年齢だけでなく、異年齢の友だちを交えて一緒に遊んだり、今まで遊んでいなかった友だちと関わりが出来てきたりして、友だちとのかかわりが広がってきています。秋の自然の中、いろいろな発見があり、感動もあり、楽しんでいる子どもたちです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 今月はおたのしみ会の練習も始まり、それぞれの役になりきって楽しんだり、リズムを楽しんだりして、練習も上々です。
 又、今月は急に寒くなり、咳が出る子も増えてきました。厚着にならないように気をつけ、手洗い・うがいをしっかりしていきたいと思います。
 秋から冬に急なバトンタッチでしたが、自然の変化にも目を向けながら、五感で日本の四季を感じたいですね。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる