杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 雨が降りじめじめとした日が続きますが、お部屋の中には、「ケロケロ」と窓の隙間からカエルさんが入ってくるようになりました。子どもたちも「あぁ〜!カエル〜」と、とても興味浦々で見ている姿が可愛いです。
 今年は、梅雨入りが早いですが、室内でできる遊びやこの時期ならではの遊び、年齢に応じた遊びをたくさん取り入れていきたいと思っています。また、急に暑くなったり朝晩は肌寒かったりと、体調管理の難しい季節ですが、衛生面の管理など気を付けながら、快適に過ごしていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 梅雨入りしましたね〜雨が降る出すと部屋の窓から外を眺め「あめふってる〜」「あ〜あ〜、ぞうさんのすべりだいぬれてる〜かわいそうやね〜」「おそとであそばれんねー」「ざんねん!!」とつぶやいていました。
 翌日の雨上がりの日には、窓に付いた水滴をひとつひとつ指差しながら「あめよ〜」「ここにも〜」「みせてみせて〜」とみんなで順番に見合っていました。
 子どもたちのいろいろな発見・つぶやきに共感しながら、いろいろなことに興味・関心を持てるようにかかわっていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 入園・進級して2ヶ月が経ち、少しずつ新しいクラスにも慣れてきた子どもたちです。
 リーダーさんやみどりさんは、身の回りのことを自分でしたり、ピンクさんも自分でしようとしたり、リーダーさんやみどりさんに手伝ってもらいながら取り組んでいます。ピンクさんが、泣いたり戸惑っているとき、“どうしたん?だいじょうぶ?”と優しく声をかけている姿など・・・微笑ましい光景にホッと心が和みます。
 戸外や室内でも好きな遊びを見つけて、友だちを誘いながら遊んだり、年上の友だちの遊びを真似しながら遊んでいる姿が見られます。以前は、同年齢で遊んでいる事が多かったのですが、最近は一緒にヒーローごっこやままごと、お茶の葉づくり、虫探しなどを楽しんでいますよ〜。
 春から初夏の自然に中でのびのびと体を動かして、いろいろな発見・ふれあいのあった5月でした。
 例年より早い梅雨入りで、これから雨の季節ですが、雨の日も楽し〜い!!と感じられるような活動を取り入れていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園の周りの田園風景も、緑鮮やかになりました。 カエルの合唱と元気な子どもたちの声と一緒になり、毎日にぎやかぞう組さんです。
 今は、虫探し・お茶屋さん・レストランごっこが主流のあそびのようです。その中の会話は、微笑ましく感じたり、家の中の様子が見えたり、聞いててドッキとさせられたりです。
 今月もいろんな経験をしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる