杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 色とりどりの花がきれいに咲いて、子どもたちの入園・進級をお祝いしています。
 新しいお友だちを迎え、ひよこ組14名でスタートしました。担任一同、きめ細やかに保育し、成長を見守っていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 暖かい日差しに色とりどりの花、心地良い風、春が訪れました。
 新入園児2名、進級園児12名の合計14名の新しいうさぎ組のスタートです。新しいお部屋・先生・環境に今までにない姿、気持ちも出てくると思います。その姿、気持ちを受けとめ、子どもたちが喜んで登園してくることができるように精一杯心がけ、細やかにかかわっていきます。
 2歳児は、乳児期から幼児へと移行する大切な時期です。自分の体や動きをコントロールできるようになったり、「自分で(したい)という意欲が強くなってくる自律の時期でもあります。この時期を大切にかかわり、一人ひとりがいきいきと自己発揮できるように優しく受けとめ、認めていきたいと思っています。
 これから一年、お家の皆様と連携しながらお子様の成長を願い、一緒に子育てをしていきたいと思ってます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 希望に満ちて新しいクラスになった子どもたちは、心も体も成長しています。ちょっとドキドキ・・・うれしい気持ちやほんの少し緊張した気持ち・・・一人ひとりの思いは違うことと思います。そんな一人ひとりの気持ちを大切にしながら、側で見守ったり、励ましたりしながら、一年の成長を応援していきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 子どもたちは遊びを通して喜びや悲しみを分かち合い、豊かな感性を育てていきます。相手のことを思いやる気持ちにつながっていきます。困難に出会っても、少しのことではへこたれない強い心や、仲間たちと協力して何かをなし遂げる根気強さを培っていきます。
 保育園という0歳から5歳までが関わって生活できる場で・・・「生きる力」の基礎を身につけてるよう、一人ひとりを見守っていきたいと思ってます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる