杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 園生活にもすっかり慣れてきた様子で、保育者と楽しく関わったり、友だちに興味を示す姿も多く見られるようになってきました。雨で戸外に出られずちょっぴり残念そうですが、ブロック遊びやままごと・ボール遊びや新聞紙遊びなど、室内ではの遊びも楽しんでいます。
 梅雨が明けてからは、水遊び・色水遊び・泥んこ遊びなど、夏の遊びをたくさん取り入れていこうと思っつておりますので、見て触っていろいろな経験をしていけたらなといいなと思ってます。初めての経験で、最初は怖がるお友だちもいるかもしれませんが、無理なく一緒に楽しんでいきたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 6月、色とりどりのあじさいの花が雨できれいに輝いています。幼稚園に咲いているあじさいの花を見に行きました。「このおはながあじさいよ」と知らせると「あじさい」とじーと見ていました。少しいただいてお部屋に飾ると「あじさいきれいね」と子どもたち、自分たちであじさいの花を作ったり、絵本で見たりしていましたが、本物のあじさいに出会って関心も高まり嬉しくなったようです。見て触ることでいろいろと吸収し覚えているようです。
 雨もそのひとつです。「あめふってるね」「うんおそとであそばれんの」「そうよあめふってるからね」少し降ってるいっぱい降ってるなど、雨の降る様子も楽しみました。「こんどあめふったらかささして、ながぐつはいておさんぽしてみる?」「おさんぽするー」と楽しみにしている子どもたちです。雨上がりの園庭で水たまりを見つけそーと遊んでました。梅雨ならではのいろいろな発見もあり、雨も身近に感じようです。
 され、梅雨が明ければいよいよ夏到来です。待ちに待った水・プールあそびが始まります。健康に過ごし、楽しく夏の遊びをしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 雨の日が続いています。梅雨明けが待ちどおしい毎日ですね。雨の日には、絵を書いたり・粘土遊び・ままごと・パズル・制作など楽しんだり、イス取りゲームやフルーツバスケットなどルールのある遊びも楽しむことができました。
 また、雨上がりには園庭で砂遊びや虫探しをしたり、散歩に行ってオタマジャクシやカエルを見つけたりしました。「せんせーい、カエルがいたよ〜」「みて〜!!アリがいっぱいならんでおうちにかえりよる〜」「アッ!!きのこ。さわったらダメよね〜」・・・と梅雨の自然にも十分触れることができました。一人ひとりが自分で好きな遊びを見つけてじっくり楽しめるようになってきました。また、数人の友だちと同じ遊びを楽しんでいる姿に成長を感じます。友だちとつながって遊ぶ楽しさを味わえるようになってきたのですね。
 梅雨が明けると・・・夏本番!!子どもたちが大好きな夏ならではの遊びが待っています。水遊び・プール遊び・泥んこ遊び・色水遊びなど、さまざまな遊びを計画しています。遊びの中でのいろいろな気づきや発見・感動を大切にしながら、一緒に楽しんでいきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 梅雨の季節・・・この時期ならではの身近な自然現象や思いがけない発見がたくさんありました。雨の降る日には外を眺め「すごいおおあめだ〜」「そとにいけができてるよ!」「ザーザーおとがするよ〜」「ずっとおおあめだね〜」と思い思いの言葉で表現していました。
 梅雨の晴れ間には、2歳児・3歳児のお友だちと手をつないで散歩に出かけました。「いねがのびてる〜」「おたまじゃくしがいっぱいいるよ〜」「つちガエルみつけた〜」「カニがいた」「イモリはおなかがオレンジいろで、どくもっているんよ」「キノコがいっぱいある〜なんで?」「アメンボもいたよ」と保育士や友だちに伝えたり、発見し喜び合ったり共感することで好奇心や探究心が広がっていき、感性も豊かになっていってるようです。
 また、部屋で過ごすことが多い日でしたが、時計・父の日のプレゼント・アジサイ・カエル・傘など、たくさんの製作を子どもたちは楽しんでいました。
 7月・・・梅雨が明け暑い夏がやって来ます。夏の過ごし方を伝えたり、自然に触れる機会を作り、夏ならではの遊びを友だちと一緒に楽しめるようにしていきたいと思ってます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる