杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 新しいひよこ組さんがスタートして、1ヶ月が経ちました。最初は、環境の変化に不安になり、涙が見られたお友だちもいましたが、最近では、ニッコニコの笑顔をたくさん見せてくれるようになりました。
 4月は暖かく天気の良い日が続き、戸外遊びがたくさんできました。すべり台や砂場など好きな遊具で楽しそうに遊ぶ姿、転びそうになりながらも一生懸命歩こうとする姿など、子どもたちは元気いっぱいです。 お部屋の中でも、興味あるオモチャを保育士のところまで持ってきたり、手遊び歌を一緒にして遊んでいます。
 5月も、ゆったりと安心して過ごせる環境の中で、子どもたちと関わり居心地の良い円生活を送れるようにしていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 色とりどりの緑に囲まれ爽やかな季節になりました。この綺麗な新緑の中、子どもたちも少しずつ新しいクラスに慣れ、安心して過ごすようになってきました。
 「せんせいおはよ」と挨拶をしたり、「うさぎくみさ〜ん」と呼ぶと返事をしたり、友だちと好きなおもちゃで遊んだり、友だちが泣いたり困っていると「どうしたん」とやさしく声かけしたり・・・クラス・友だち・先生を意識してきています。こんな素敵な姿をこれからも大事にしてかかわっていこうと思っています。
 新しいトイレにも慣れ「オシッコいくよ」と声かけると「はーい」と言い、自分でズボンパンツを脱いでトイレに行ってます。まだ出たり出なかったりですが、トイレに行くということを大切にしています。
 広い園庭での遊びも楽しくて嬉しくて興味いっぱいです。自分で遊びを見つけたり、お兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒に遊んだり、花や虫を見て「かわいい」と言ったり、園庭中を探索してはいろいろ発見しています。外で体を動かし、のびのび自由にあそぶことで満足し、これでよく食べよく眠っています。この生活リズムがとても大事ですね。
 今月もこの生活リズムを大切にし、心も体も安心して満足できるように配慮していきたいと思います。又、5月ならではのたくさんの自然に触れる戸外あそびを中心に、楽しく遊べるように環境作りをしていきます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 ピンクさんも少しずつ新しい環境に慣れてきました。爽やかな風をうけて・・・空高く泳ぐコイノボリに負けないぐらい元気いっぱいです。
 「外に行くよー」と声を掛けると、「やったぁ〜!!」と一目散に園庭に飛び出していく子どもたちです。園庭では三輪車に乗ったり、友だちと誘い合って走り回ったり、砂や草花を使ってごちそう作りやパーティーごっこを楽しんでいます。新しいお友達も笑顔が増えて、「〜ちゃんとあそびたい」と自分の思いを出せるようになってきました。
 5月も自然にいっぱい親しんで、のびのびと体を動かして楽しく遊びたいと思っています。また、異年齢児とのかかわりも大切にしていきたいと考えています。ぞう組さんと一緒に「散歩に行こう」「遠足に行こう」「きじぐるま会に参加しよう」を計画しています。楽しいこといっぱい!!の5月にしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 新緑の若葉が眩しい季節になりました。タンポポやオオイヌノフグリの草花を摘んでケーキの飾り付けにしたり、テーブルに飾ったり、綿も吹いて飛ばしたり、又、てんとう虫・カエル・アリなどの虫を見つけたり、身近なたくさんの自然に触れ五感をいっぱい働かせています。
 ぞう組がスタートして1ヶ月が過ぎました。子どもたちの「ぞうぐみさんになった」という張り切りや緊張が解けた子どもたち・・・ありのままの自分を出し、戸外でヒーローごっこ、固定遊具、追いかけっこ、砂遊び、室内では絵本、ブロック、積み木、お絵描き、パズル、ままごと遊びを気の合う友だちと楽しく遊んでいます。今日も一人ひとりの興味、関心に寄り添いながらじっくり楽しく遊べる環境を作り、いろいろな経験ができるようにしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる