杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 一年中で一番寒い季節・・・。「今年は、あまり雪が降らねいね〜」と話していたら、突然の大雪!!
 ひよこ組の子どもたちも、窓から外を見ては、目を丸くして「ゆき〜」「いっぱい〜」と口々に話していました。先日は、園庭に出て雪遊びを楽しんだ一歳児のお友達・・・真っ白な雪の上を歩いたり、走ったり、友だちと一緒にスコップで雪をすくって遊んだりして、「つめたいめ〜」と言いながら、笑顔いっぱいで雪と戯れていましたよ。また、0歳児のお友だちも、カップに入った雪をじ〜っと見たり、おそるおそる触ってみたりして・・・楽しんでいました。それぞれに冬の自然に触れ、楽しんでいます。
 立春が過ぎると、少しづつ春が近づいてきます。ひよこ組の子どもたち一人ひとりの成長を感じながら、新しい春を迎えたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 「鬼はー外!!福はー内!!」と元気のよい掛け声とともに、豆まきの練習をしているうさぎ組さんです。「鬼さんが来たら、守ってあげるね。」「あっちいけ〜ってしてあげるね。」と張り切って頼もしいです。今日は、鬼さんの勢いにびっくりして涙する姿も・・・。ですが、大きな声で鬼さんに言ったり、豆を投げる姿が、とっても頼もしかったです。みなさんに福がきますように・・・。
 外遊びでは、ジャンバーに靴下・帽子と身につけるものが多くなってきました。ジッパー・ボタンは「固い^」と手こずることもありますが、一人で頑張ったり、お友だちと手伝いっこをする姿も多くなってきました。大人の手を借りず、自分たちで出来たことにとっても喜びを感じているようで、「せんせい、ひとりでしきった!!」「おともだちのしてあげたよ」と笑顔いっぱいです。トイレやパジャマの準備、着替えや登降園の準備など、自分たちで出来ることが増え、大きく成長を感じています。
 来年度はきりん組さんになりますね。進級に向けて、また自立に向けて、カバンを持つ・朝の支度をする等、見守ってたくさん褒めてあげてくださいね。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 2月に入り、強い寒波で大雪になりました。子どもたちは「かまくら作れる〜」「雪だるまも作れるよね」「雪合戦ができるよね」と、とっても喜んでいました。体調が十分でなかったり、気温が低くて雪遊びが十分に出来なていないのが残念です。もう1回ぐらい・・・雪が積もるかな〜・・・。
 子どもたちは毎日、朝の用意を済ませると、自分の好きな遊びを見つけて遊び始めます。今は、正月遊びが続いていて、「先生カルタしよう」「ぼくもする〜」「かてて〜」と、カルタ取りを楽しんでいます。こま回しも殆どのお友だちが上手に回せるようになりましたよ〜!
 積み木遊びでは、2〜3人のお友だちで道を作り車を走らせたり、家を作り人形ごっこを楽しんだりしています。作って遊ぶ楽しさを、今、いっぱい感じているようです。又、“だるまさんがころんだ”や“かごめかごめ”“帽子取り合戦”など、遊びの中のルールを聞いて理解し、伝承遊びや体を動かすあそびも楽しみました。遊びの中、活動の中、友だちとのかかわりの中、言葉のやり取りなど・・・日々成長を感じています。
 今月も子どもたちの成長を見守りながら、「できたよ!」・達成感「おもしろかったね」・満足感が味わえるように、環境づくりをしていきたいと考えています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 ♪雪のペンキやさんは おそらからちらちら・・・♪雪を見ながら子どもたちの歌声が、部屋中に響きわたります。毎日寒い日が続いていますね。でも、やはり子どもは風の子!雪が降ると「おそとでゆきあそびしたーい」と言ってきます。「せんせいここにこおり、つららもある」「ここは大きなつらら」「ゆきキラキラひかってる」「ふわふわしている」「さむいけどおひさまでてるとあったかい」等々、いろいろ発見し合ってました。「コップにゆきいれるとかきごおり」「ゆきだるまつくろう」「ゆきがっせんしよう・・・」など雪遊びも楽しみました。寒いけど冬ならではの自然に触れたり、遊んだりとっても素敵な経験ができています。
 子どもたちは、そのものにふれ・試したり・発見したり・工夫したりすることが大好きです。「すごいね、よくみつけたね」「わぁこんなあそびできるんだね」「おもしろいね」など、共感することでもっと意欲的になってきます。引き続き、共感・共有する関わりをしていこうと思います。
 集団遊びでもルールを守ったり、自分たちで作ったり、意見を言い合ったり、相談して遊びを展開させています。また、生活面では、自分たちで見通しを持って進めていこうとし、友だちを励ましたり、手助けしていろいろな場面での成長を感じています。
 これからも、この姿・気持ちを受容し、友だちと楽しく遊び生活できるように見守り、励まし応援していきます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる