杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 園庭の木々の葉っぱも落ち、冬の到来を感じる季節になりました。
 ひよこ組の子どもたちもいろいろな経験をし、一人ひとりが成長したことを改めて感じる今日この頃です。お家の方からも「〜ができるようになりました。」というお知らせがあったり「すごいですねーうれしいねー。」と子どもたちの成長を喜び合う事ができたことを嬉しく思います。
 12月は、おたのしみ会やクリスマス会など、ひよこ組さんにとっても楽しい行事がたくさんあります。体調に十分気をつけて元気に楽しく過ごしていきたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 今年も早いものであと少し、何となく慌ただしくなってきましたね。
 うさぎ組さんも、一人でできることがグーンと増えてきました。「せんせいみて〜、はっぱがおちちょる」「こおりがあるよ」と冬をしっかり感じています。すごい成長を感じる今日この頃です。そんな素晴らしい変化を見逃すことなく、しっかり見つめて応援していきたいと改めて感じている12月です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 12月・・・園庭に出た子どもたちは氷を見つけ、「せんせいみて〜氷があったよーこんなに大きいの!」「つめたいけん、バケツのなかにいれとこ〜」「ちょっとさわっていい?」「いいよ〜つめたいよ〜」と、冬を発見し大喜び!!北風が吹く寒い冬がやってきました。
 「さむいけん、ジャンバーきてきたよ〜」と言いながらも、「そとであそぼう」と声を掛けると「やったー」と歓声を上げ、帽子をかぶり戸外へ、フラフープを地面に並べてケンケンパをしたり、追いかけっこをしたり、固定遊具遊び、自転車乗りと体を動かして元気一杯遊んでいます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 今年も残り少なくなりました。
 4月から9ヶ月、いろいろな経験をし・挑戦をし、心も身体も大きく大きく成長してきたぞう組のみんなです。楽しく食べて・楽しくあそんで・いっぱい寝て、今年も幸せに一年を過ごせたことに感謝し、また来年も幸せで元気に過ごせることを願っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる