杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 園庭の木々の葉っぱが赤や黄色に色づいてきたかと思っいたら・・・風が吹くたびにヒラヒラと舞い落ちる季節になりました。
 ひよこ組さんの子どもたちも、木の葉を拾ったり・集めたりして、秋の自然に触れながら戸外あそびをとっても喜んでいる子どもたちです。
 これからも天気の良い日はと外に出て、秋の自然の中で楽しく過ごしていきたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 朝・夕と寒くなり、日も短くなってきました。イチョウの葉も色づき、秋らしくなってきましたね。
 天気の良い日には「おそとにいこう」「ドングリさがしにいこうね〜」と外遊びを楽しみにしています。ドングリやコスモスの花弁を拾っては「せんせい、みつけたよ〜」「ごはんにかざろう」とニコニコの笑顔で見せてくれます。深まる秋を体いっぱいで楽しんでいきたいと思います。
 また、友だちとの関わりも成長が見られ、ゴッコ遊びも盛んになってきました。お皿やブロックを並べ「ハイ、ご飯どうぞ」「ありがとう、おいしいねぇ」と食事をしたり、三輪車に二人乗りをして「お仕事行ってきまーす」「ハイ、後ろに乗ってくださーい」と遊んだりもしています。
 その中で時々ぶつかり合うこともありますが、保育士と一緒に話して「ごめんね」と謝ったり、また仲良く遊べていますよ。転んだお友だちや泣いているお友だちを見つけると、駆け寄って「ごうしたん?」「大丈夫?」と声をかけたり、手を出して起こしてあげることもできる優しいうさぎ組さんです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭にあるドングリの木の下にはドングリの実、イチョウの木の下には黄色いジュウタンと、身近に自然を感じている子どもたちです。
 その自然の恵みを使って、ドングリコマを作ったり、イチョウの葉を束にして花を作ったり、葉っぱを魚のウロコに見立てて大きな作品を作ったり、お弁当を作ったり、色々な経験をしてきました。今の物の溢れた社会のなかで、自然に触れること・見て感じること・遊ぶ面白さ楽しさを、保育の中で知らせ・伝えていきたいな・・・と考えています。
 又、10月に引き続き今月も、歩に行こう!体を動かして遊ぼう!を取り入れながら“芸術の秋”ですので、絵を描こう!何か作ってみよう!楽器遊びを楽しもう!・・・という計画も立てています。きっとたくさんの子どもらしさが表現され、つぶやきもきかれることでしょう。それを見逃さずに大切にしていきたいと思っています。
 そしてもう一つ、少しずつおたのしみ会に向けても取り組み始める予定です。一人ひとりが自分らしさを出しながら無理のないよう、又、楽しい活動となるように援助しながら、関わっていきたいと思いますので、あたたかく見守ってくださいね。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 秋本番!!木の葉が少しずつ色づき始め、子どもたちはその変化に気づき、秋探し・秋見つけをしています。
 「どんぐりおちてる」「いちょうのはっぱきいろくなってきれい」「いちょうのはケーキつくったよ」「おそらあかくなった」・・・と園庭での秋を見つけ「このはっぱいろいろないろできれい、もってかえろう」「このはっぱでなにかつくれそう」「もみじあかくなってかわいい」「なんかいいにおいする」「すじぐもだ、とりみたい」・・・と散歩での秋みつけ、五感がいっぱい働いて秋をいっぱい感じています。その感性に共感することで、増々いろいろな発見をしようとし、子どもたちの自然への関わりは広がっています。子どもたちの完成を豊かにしてくれる自然に感謝です。
また、10月からは縄跳びを始めました。フラフープに続いて、挑戦心も強まっていて「せんせいできたーかぞえて」少し飛べるようになると「たのしい」・・・とやればできる≠フ気持ちで元気に飛んでいます。
 今月も心も体もぐんぐん大きくなっていくように、これからもいろいろなあそびを経験させていきたいと思ってます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる