杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 お日様キラキラ・あおーい空・あつーい夏ですね。
 待ちに待ったプール開きも終わり・・・「やったー!!プールあそび!!」と喜んでいたのですが・・・先月から体調を崩している子どもたちが多く、なかなかみんなでプール遊びを楽しむことができません。早く元気になってみんなで思いっきり楽しみたいなーと思っている今日この頃です。
 そんな中、元気いっぱいの赤ちゃんたち!!つかまり立ちができるようになったり、ハイハイを楽しんだり、お座りが上手になったり、寝返りを頑張ったりと、いろいろな発達や成長が見られます。また、1歳のお友だちもそんな赤ちゃんたちが可愛いようで、側に行ってはオモチャヲあげたり、遊んであげようとしたりする姿が見られ、とてもほほえましい光景に私たちも笑顔になります。
 今月は体調に気をつけながら、夏ならではの活動を取り入れていき、楽しい経験をさせてあげたいと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 ジメジメとした日も続きますが、だんだんと空も青く入道雲も出てきました。「おひさま暑いね〜」と空を眺める子どもたちですが、そんな太陽の日差しにも負けずに笑顔いっぱいのうさぎ組さんです。
 プール遊びが始まり、最初は水を嫌がっていた子も段々と慣れてきて、今ではすっかり楽しんで遊ぶようになってきました。「はい、シャワーどうぞ」「コップ入れたらブクブクってなる〜」と友だちとお話ししながら楽しんでいますよ。健康に気を配りながら、夏ならではの遊びをたくさん経験できたらと思っています。
 また、今月はお盆や夏休み等でいろんな所へお出かけしたり、お客さんが来たりと、いつもと違う生活はターンを経験すると思いますが、それもまた子どもたちにとってよい経験と思います。お休み明けにはたくさんお話が聞けますように。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭では子どもたちが元気な声と共にセミの鳴き声が響き、とてもにぎやかです。
 7月の保育の中で“影を見つけてみよう”と園庭に出ると「滑り台の下が影だ〜」「あっ!砂場も〜」「トンネルもだ〜」「テントの中も」と、影を見つけるのが上手でした。それを機会に「影で遊ぼうね」と声をかけると、ままごと道具を運んで料理を作ったり、砂場で山を作ったり穴を掘ったりし、工夫をして遊んでいます。そして、遊びの途中でも「のどがかわいた〜」「お茶飲んでくるね」と水分補給も忘れていません。
 そして、何よりも楽しみにしているのがプール遊びです。屋上の大きなプールを楽しみにしていて、“ワニ”になったり、トンネルくぐりをしたり、男の子チーム、女の子チームに分かれて宝探しをしたり・・・伸び伸びと遊んでいます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 夏本番!毎日暑い日が続いていますが、子どもたちは暑さを感じながらも汗をかき元気に遊んでいます。丈夫なからだづくりに汗をかくことはとても大事とのことです。汗をかいたら拭く、着替える・動いた後は休息する、お茶を飲むなど夏の生活の仕方を知らせています。暑い夏を健康に過ごすために、活動・休息・食事・睡眠など生活リズムを整える大切さも伝えています。「せんせい、あせでたらふくんよね」「ハンカチでふいたよ」「のどかわいたけん、おちゃのんでくる」「ひかげであそぶんよね」「あつかったけん、いまやすんでる」など意識してきてます。
 そして暑い夏に欠かせない水遊び。「ここかわにしよう」「みずながそう」「やまつくってはしもつくろう」など、友だちとアイデアを出したり工夫し、砂あそび又ペットボトルで作った水鉄砲で園庭にまいたり、とばしっこをしたりと楽しんでます。
 水や土は心を解きほぐすといわれています。夏の遊びを通して思いっきり体を動かし、心身ともに解放感を味わって秋に向かって力強く生活していく基盤になるようにしていきたいと思います。
 クラスの友だちだけでなく、異年齢児で楽しく遊べるような遊び場も工夫していきます。
 ひまわりの花のようにおひさまパワーをもらって、元気にたくましく育つ夏になってほしいです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる