杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 雨の中で咲くアジサイの花の色が・・・とても素敵な季節になりました。
 子どもたちは毎日元気にあそびながら生活にも慣れて、私たちや友だちとのふれあいの中で安心して甘えられるようになってきました。
 6月は雨の季節・・・お部屋の中でも「たのしいなぁー」と感じられるような活動を取り入れていきたいと思っています。また、お天気の良い日には戸外に出て、楽しく過ごしていきます。
 天候によって気温が変わりやすいので、体調にも十分に気を付けていきたいですね。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 あちこちの田んぼには水が入り、カエルの大合唱が始まりました。子どもたちは、カエルの鳴き声に合わせて「かえるのうたが・・・」と歌っています。
 外あそびが大好きな子どもたち、5月はお天気も良く、園庭・園外あそびを満喫しました。
 うさぎ組の子どもたちはとても元気いっぱい、お友だちと遊ぶ楽しさを感じ始めて、笑顔もいっぱい見られるようになりました。外遊びは魅力がいっぱいです。三輪車・砂場・固定遊具・小さな虫・花・そして水、体いっぱい動かして遊んでいます。いっぱい遊んで、食べて大きく成長してほしいものです。
 6月、梅雨の時期になりますが、晴れ間を見つけて外に出かけたり、雨の日も「楽しいね」と感じられる毎日を過ごしていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 入園・進級して2ヶ月が過ぎました。登園すると朝の支度をお家の方や保育士に言葉をかけてもらいながらも、自分でしています。その後、自分で好きな遊びのコーナーに行って遊び始めます。
 5月は戸外遊びを思いっきり楽しむことが出来ました。「先生〜、今日は雨が降ってないから外で遊べるね〜」と戸外遊びが大好きな子どもたちです。また、散歩にぞう組さんと手を繋いで一緒に行き、春の草花や虫を発見し触れたりして自然に親しんだり、交通ルールも守りながら、長い距離も歩けるようになりました。
 これからも園周辺の恵まれた自然いっぱいの環境の中で、子どもたちはいろいろなことを見て・触れて・感じて・発見して・体を動かして・友だちと関わりながら伸びのびと成長していってほしいと思います。
 梅雨に入ると戸外活動が思うようにできなくなると思いますが、梅雨ならではの自然に親しみながら、雨の時の楽しい活動(制作や運動あそび、リズム遊び)や雨の散歩も考えています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 色とりどりの緑がとてもきれいで、自然の生命力を感じる季節の中、「せんせい、みどりがいっぱい」「あっ、うろこぐも」「あそこ、にじ」「あのくも、くまさんみたい」「くもがない、あおいっぱい」「「あっ、アゲハチョウとんでる」・・・と自然に目を向け、たくさん触れたくさんの発見を、目をキラキラさせて知らせてくれる子どもたちに共感しながら、玖珠の北山田の素敵な自然に感謝です。五感をいっぱい働かせることで豊かな感性が育っていることを実感しています。
 ここ最近は、みんなでかくれんぼをしたりごっこ遊びをしたり・・・とみんなで遊ぶ楽しさも感じているようです。友だちとかかわり遊ぶ中で、いろいろなことを学び育ち合ってほしいと思っています。
 6月も梅雨ならではの自然にいっぱい触れ・楽しみ・心を動かす体験を重ねていきます。 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる