杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 入園して一ヶ月が経ち、ひよこ組の子どもたちも新しい生活に慣れてきました。「せんせい」と言いながら、抱っこをしてもらったり、可愛い笑顔を見せてくれるようになりました。また、好きなおもちゃを見つけて遊んだり、園庭ですべり台を滑ったり、車に乗って遊んだり・・・好きな遊びを見つけられるようになりました。 春の自然の中でいろんな発見をして楽しんでいます。5月の爽やかな季節の中で、安全に気を付けながら楽しく過ごしていきたいと思っています。
 また、季節の変わり目や疲れから体調を崩しやすい時期です。子どもたちの体調の変化に十分気をつけながら、ゆったりと過ごしていきたいですね。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 青い空にみどりが映えて、爽やかな季節になりましたね。
 うさぎ組の生活も1っヶ月を迎え、子どもたちも緊張や不安な表情も少しずつ消え、笑顔もいっぱい身なり、お友だちや保育者と好きな遊びを楽しんでいます。
 「お外に行くよ〜」と声をかけると「いく〜」とか「帽子かぶせて〜」とやってきます。自分で頑張って靴を履き、園庭は飛び出して行ってます。三輪車に乗ったり、滑り台で遊んだり、砂場でご飯を作って「せんせい〜これ食べて」など、自分の好きな遊びを見つけて楽しんでいます。 お部屋では、先生と一緒に絵本を見たり、ままごとをしたり、ブロックで好きなものを作って遊んでいます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 晴れた空、ふわふわと浮かぶ雲、そよそよ吹く風に誘われて、周りの花や木々たちも嬉しそうに揺れて、楽しい音楽が聞こえてくるようです。
 新しいクラスがスタートして1ヶ月、・・・遊びの中では、昨年度のクラスの友だち同士で「〇〇しよう」と誘い合って遊んでいる姿が多く見られます。が・・・その友だちとの“かかわり”“和”も少しずつ広がってくることでしょう。
 まだ不安で泣いていた友だちに「お母さんくるよ」「お母さんがいいと?」「もう泣かんでいいよ」と背中を優しく撫でていたり、頭を「よしよし」と撫でていたり、数人の子どもたち一人ひとりが言葉をかけたり「〇〇ちゃん淋しいと〜?」と心配して保育者に尋ねたり・・・とっても心がほんわりしました。“元気いっぱい”“やさしい心”のきりん組さんです。
 5月は、自然にいっぱい親しんで、のびのびと体を動かして楽しく遊びたいと思っています。そしてもう一つ、5月の計画の中に異年齢児との関わりを大切にしていきたいということで、ぞう組さんと一緒に『散歩に行こう』『遠足に行こう』『きじぐるま会』『パーティーの日』を予定しています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 木々がやわらかな若葉色につつまれ、きれいな緑の季節です。
 子どもたちもその季節の移り変わりを素早くキャッチし草花を摘んだり、図鑑で調べたり知っている花を見つけて喜んだり、てんとう虫・カエルを見つけたり・・・と自然への興味も強まり、いろいろな発見を楽しんでいます。自然に触れ五感をいっぱい働かせています。これからも自然に沢山ふれていこうと思っています。
 さて新しいクラスが始まり1っヶ月が過ぎました。
 5歳児の友だちは、リーダーとしての意識も強まり自分のことは進んでし、年下の子の世話をしたり当番活動も喜んでしています。その姿を認め、できる喜びを味わえるようにかかわっていきます。
 4歳児のお友だちは、気の合う友だちとブロック・ままごと・あ絵描き・固定遊具・三輪車あそび・砂あそびを楽しんでいます。少しずつリーダーさんとのかかわりも見られるようになってきました。
 今月も一人ひとりがじっくり楽しく遊べる環境を作り、いろいろ経験させていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる