杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 少しずつ春の足跡が聞こえてくるようになりましたね。
 入園・進級から始まり、集団生活でたくさんのことを学び、心身ともに大きく成長した子どもたち。そんな姿をみんなで優しく受けとめ来年度につなげていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 早いもので、今年度最後の月になりました。ひとつひとつ行事を終えるたびに、みんなすごい成長を見せてくれました。
 苦手な食べ物をがんばって食べれるようになったり、お友だちにオモチャを貸してあげたり、一緒に遊んだり、グループ活動ができるようになったり、まだまだたくさんできるようになった事があります。
 子どもたちの一年間の成長って、改めてすごいなーと感じました。

 
 

 
 

 
 

 
 

 この一年間で、たくさんの成長が見られ、たくさんの思い出ができました。
 大きいきりんさん・小さいきりんさん共に、自分で出来ることがたくさん増えました。着替えが一人で出来るようになったり、トイレでおしっこやうんちが出来るようになったり、「ごめんね」「いいよ」と友だちとのかかわり方も上手になりました。とっても元気がよくにぎやかなきりん組で、子どもたちの成長を見守ることができ、私たちにとっても楽しい一年でした。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 早いもので、卒園式まであと少しになりました。入園した頃、あんなに小さかった子どもたちや緊張して戸惑っていた子どもたちが、今ではこんなに大きく心もからだも成長しました。
 この1年間、うれしい姿がたくさんありました。
 絵本が大好きで、絵本の中のメッセージまでくみとって、お話を大切にできる子どもたちでした。友達を認め・支え・力を合わせることができる子どもたちでした。いろんなことに挑戦し、友達ができた時に自分のことのように喜び合える子どもたちでした。やったね!できたね!≠ニ拍手をしたり、笑顔いっぱいに私に知らせにくる姿に何度も胸が熱くなりました。
 友だちや私が困っていたりすると気付いて、そっと手伝ってあげたり、声をかけてあげたり、遅くなっている友だちを迎えに行って手を引いてあげる子どもたちでした。本当に優しい子どもたちでした。
 そんな子どもたちの姿一つひとつが私にとって宝物です。一年間みんなと過ごせて本当に幸せでした。たくさんの思い出をありがとう!!これからも・・・子どもたちの成長をずっとずっと応援しています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる