杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 立春を過ぎ暦の上では春を迎えました。 今年は雪が多かったですね〜。
 2月に入り、少しずつ空も冬から春色になってきたように感じられます。早く暖かい春が来るといいですね。
 子どもたちは「・・・せんせい」と名前を呼んでくれたり、簡単な日常会話もできるようになっています。そんな1歳児さんを見て、0歳児さんも、動作でうったえようとしたりできるようになってきました。・・・日々成長!これからも楽しく毎日を過ごしていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 「おには〜外」「福は〜内」と、元気な声で豆まきをしました。
 泣き虫鬼、意地悪鬼を追い出した豆まき、それまでは「鬼くるね」と少々ビクビクだったり「鬼くるかな〜」と半信半疑だったりと、いろんな表情でしたが、豆まきが始まるとそそくさと隠れている子どもや、泣きながらも鬼に豆をぶつけたりと、楽しい豆まきでした。
 その日は帰ってからも豆まきをしたようで、次の日は豆まきのことでもちきりでした。
 今年も元気いっぱいに過ごせますように・・・

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 厳しい寒さの1月でしたが、2月に入り少しずつ寒さも和らいできています。
 「せんせいそらがきれいね」と青空を見て表現する子、雪の降る日「キラキラしている」「わぁーこおりだ」水道の水のツララも発見、寒いけれど大喜びでいろいろは発見を知らせてくれました。雪だるまを作ったりかき氷をつっくたりし、冬ならではの自然に沢山ふれあいました。
 寒くても子どもたちは外に出て遊ぶことが大好きです。しっぽとりゲームやたこ揚げなど体を動かす遊びもしました。寒い寒い冬ですが、子どもたちは元気いっぱいまさしく風の子です!正月あそびのパズル・こままわしもまだ興味を持って遊んでいます。友だちと一緒にすることを楽しんでいます。友だちと遊ぶことがおもしろいと、遊び方も変化してきています。
 3歳児さんはこのところ2歳児のお世話を進んでしてくれるようになってきています。2歳児さんも3歳児さんの真似をしてできることも増え、良いかかわりができています。子どもたちの成長が嬉しい毎日です。
 今月も、共感・共有しながら楽しく遊べるように環境を整え、達成感・満足感が味わえるようにしていきます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 毎週のように雪が降って寒かった冬・・・でも節分を過ぎると立春春はそこまで≠ォています。
 ぞうぐみさんもシールを貼りながら「せんせー!!ここまでシールはったら小学校に行くんよねー」「4がつになったらリーダーさんになる」「もうすぐ幼稚園に行くんよー」とそれぞれに喜びを感じ、嬉しそうに話している今日この頃です。そしてそんな自覚が先生の話をきちんときこう∞最後まできれいに片付けよう∞きれいに並ぼう≠ニいう気持ちにつながってきています。
 また、友だち同士のつながり広よがり、かかわりも深まっています。友だちを誘ってころがしドッチボール・鬼ごっこ・警察とドロボウ等、ルールのある集団遊びを楽しんだり、友だちと協力しながら巨大鬼≠作ったり、レストランごっこの品物作りをしたり・・・いろんな場面で頼もしく成長したことを感じさせてくれています。そんな子どもたちを見ながら、一人ひとりの成長を感じるとともに、もうすぐ私たちの手から離れていく淋しさも感じています。
 これから卒園・進級まで一人ひとりの子が楽しい思いで過ごせるように、子どもたちの姿を見守り、応援しながらかかわっていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる