杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 さわやかな風、青空に浮かぶ雲がとても快く感じる季節になりました。外に出ると気分もうきうきしてきます。
 ひよこぐみの子どもたちも、ゆっくりと関わるなかで少しずつ信頼関係もでき、「おいで・・・」と手を差し伸べるとスムーズに抱かれるようになってきています。
 私たちも、あせらず・ゆっくりと子どもの気持ちを受け入れながら、やさしく接していこうと思っています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 新しいクラスがスタートして1ヶ月、「ママがいい〜」と涙していたお友だちも「おはよ〜」とお部屋に入ってこれるようになり、保育園生活に少しずつ慣れてきた子どもたちが、コイノボリに負けないぐらい元気よく園庭を走り回っています。
 お部屋では先生と一緒に絵本を見たり、トラックや車で遊んだり、ままごとセットで遊んだり・・・「お外にいこうね」と言うと「うん!」「お外いく〜!」と大喜びの子どもたち。2歳児のお友だちは、自分で帽子をかぶる姿も見られますよ。
 園庭では三輪車に乗ったり、滑り台をすべったり、砂場でお山を作ったり、お日さまの下で元気いっぱい体を動かして遊んでいます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 


 段々と日が長くなり、暑さも感じれるようになりました。毎日汗いっぱいになりながら、お外で元気いっぱい遊んでいるきりん組さんです。
 子どもたちの遊びはとっても面白いですょ。みんなで木のお家に寝転がって動かない・・・と思っていたら“病院ごっこ”をしていたり、“ままごと”は役割も決まり、内容もなかなかリアルになっていなす。「今日はこれでおしまいだからね!」とコップを差し出す姿・・・お酒だったのかな?模倣する力が伸びてきていて、時々お家での様子が想像できます。皆さんも子どもたちのゴッコ遊びを見学してみてはいかがですか?意外な一面を見ることができますよ!

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 新緑のさわやかな季節のなか、新しいクラスがスタートして1ヶ月・・・。新しいお友だちも、みどりさん・リーダーさんになったお友だちも新しい環境に慣れ、笑顔いっぱいに過ごしています。
 「ねー、いっしょにあそぼうよ」「〜してあそぼうっか…」「また、きのうのつづきしたい」と友だち同士誘い合って遊んでいます。
 又、「せんせい、〜してあげる」「〜ちゃん、こうするんよ」と積極的にお手伝いやお世話をしてくれるリーダーさん!!そんなリーダーさんのステキなところに刺激を受けて「ボクもしてあげる」「わたしも・・・」と意欲的なみどりさん!!優しさとたのもしさを感じている今日この頃です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる