杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 12日のおたのしみ会では、月齢の差もあるので2組に分かれて行いました。曲選びのときに子どもたちの好きな歌、音楽は?と色々と考え「パクパクおんど」と「ドンスカパンパンおうえんだん」に決まりました。 この2曲は、運動会で1歳児・2歳児が踊った踊りです。お兄さん・お姉さんが踊っているのを見たり、日頃から音楽を聴いたり、リズムにのって体を動かしたりと、慣れ親しんでいました。 当日はいつもと違う環境で戸惑う姿もありましたが、大好きなお父さん、お母さんと一緒にしている姿、抱っこされている姿がとっても可愛かったです。 おたのしみ会が終わってもきっと子どもたちの楽しく躍る姿がずっと見られることでしょうね。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 「みてー!プレゼント!」とお部屋の飾りを見て笑う子どもたち。あっという間に12月になりましたね。サンタさんに見守られながら「ぺったん月夜のおもちつき」を元気よく練習していたうさぎさんです。 当日は私たちの予想以上に元気よく、大きく、そして愛らしく踊ってくれました。いつもと違う環境で緊張していたとは思いますが、それに打ち勝ってがんばった姿に成長を感じています。 「今日はぺったんこせんのー?」とお楽しみ会が終わってからも踊りを楽しみにしている子どもたちです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 カレンダーもいよいよ残り一枚となりましたね・・・
 先日のおたのしみ会も、お家の方のご協力のおかげで無事に終えることができました。ありがとうございました。そして、此の大きな行事「おたのしみ会」を終えた子どもたち、一人ひとりの自信になったように思います。
 今年は、10月から2歳児10名がきりん組と一緒に生活することとなり、慌ただしい毎日でしたが、2ヶ月を過ぎ一日の流れが少しずつでき、クラス全体も落ち着いてきました。今では小さいきりん組さん・大きいきりん組さんの理解もでき、時には一緒に遊んだり内容によっては別々に過ごしたりと日々の保育の中で設定しながら生活しています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 「今日はどのおどりから練習する?」 「まだせんのー?」と練習を積極的に取り組む子どもたちの姿が見られましたよ。練習中には、子どもたちに色んな気持ちや姿が見られ、少しずつ子ども同士で教えあったり、励ましあったり、協力したりする姿がありました。 できないことも繰り返しすることで、できるようになると嬉しく、自信に繋がっていったようです。 おたのしみ会を通じて達成感も味わうことができ、当日ももちろん自信を持って歌ったり、踊ったりと表現する子どもたち、堂々とした姿がかっこよく、たくましくみえましたよ。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる