杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 0歳児さん
 保育園の生活にもすっかり慣れて、保育者とのかかわりを楽しむ姿がよく見られるようになりました。ほかの子どもへの興味・関心もでてきているようです。
 3ヶ月から1才3ヶ月と月齢の差が大きく、もう少しで寝返りができそうだったり、高這い・つかまり立ち・ハイハイ・伝い歩き・歩行ができるようになったりと、一人ひとりの発達が見られます。
 ジメジメした梅雨もあけ、暑い夏がやってきます。この時期の子どもの活動の中心になるのは、涼しさを求めての「水遊び」でしょう。「水」は子どもの体温を下げ、汗をかかないようにする作用に加え、素材そのものが持っている特徴が幼い子どもにとって大変魅力的な活動となります。子どもが水の中に手を入れるとひんやりとした感触を得て、次につかもうと思ってもつかめない不思議な素材です。一人ひとりの子どもが水とどのように出会うかを興味を持って見ていきたいと思います。
 1歳児さん
 もうすぐ梅雨明け・・・キラキラ輝くお日様の季節がやってきますね!!
 園生活に慣れたひよこ組さんは、一人ひとりが安心して落ち着いて過ごせるようになってきました。可愛い声・可愛い表情で「せんせー」と声をかけてくれたり、涼しい風を感じて「きもちいいねー」と気持ちを言葉で表現できるようになってきました。又・お友だちが走っていると一緒に走ったり、長椅子に座っていると横にちょこんと座ったり、“かえるのうた”を一緒に歌ったり・・・友だちとの関わりがグーンと増えてきました。少しずつ友だちとの関わり方も上手になってきましたョ。
 友だちと笑い合う可愛い姿に・・・成長を感じています。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 蒸し暑い日が続いている今日この頃、子どもたちは気持ちいい汗をかいて元気に過ごしています。
 今、自分のことがだいぶ出来るようになった子どもたち。生活の流れも変わり始めて、トイレに行きたくなったら自分で行くようになった子や、お昼寝前のパジャマに着替えるのもずいぶん上手になってきたりと、うさぎさんになって3ヶ月ですが、すごい成長ですよネ!
 子どもたちの成長に大きな拍手を送りたいと思います。
 今月は、水遊びや泥んこ遊びなど、夏ならではのあそびを通して約束事などを知らせ、守ることの大切さを知らせていきたいと思います。
 個人差に対応しながら、一人で出来ることは自分でしようとする気持ちを大切にし、基本的な生活習慣が身についていけるようにしていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 スッキリしない毎日が続いています。梅雨明けが待ちどうしい時期となりましたね。天気の良い日は戸外あそび、雨の日は室内で色々な活動に取り組んでいます。
 先月、時間の都合でできなかった折り紙遊びや切り紙遊びを、子どもたちと一緒に折ってみました。廊下に飾っています。ひとり一人丁寧に折り方を教えてあげると、上手にできることに驚かされました。「こうして、こう折って・・・」と声をかけてあげると「せんせい、こう?こう?」と一生懸命に折る姿、すごいなーと感じました。これからは、絵画制作にも少しずつ取り組んでいきたいと思います。
 また、梅雨明けと共にプール開きも待っています。もうすぐ本格的な夏、水分補給を心がけ体調に十分注意していきながら、暑い夏を乗り切っていきたいと思います。そして、先月あまりできなかった、砂・泥・水あそびにもチャレンジしていこうと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 暑さに負けず・・・さらにパワーアップ!!のぞうぐみさん。
 「せんせーい、プールしようよ」「みずであそびたーい」っと水あそびをものすごく楽しみにしています。  園庭では、水を使ってアサガオやいろんな色を使って色水あそびに夢中です!!「こんないろになったよ〜」「ピンクとあおしたらむらさきになったばい!」「すげぇー」などたくさんの声が聞かれます。
 これから“夏”本番!!元気に楽しく夏を乗り切りたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる