杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 新しい環境に不安になることもありましたが、今では少しずつ慣れてきている様子で、かわいい姿や笑顔を見せてくれるようになりました。
 お座り・ハイハイ・つかまり立ち・あんよも上手になってきて、好きなところに行ったり玩具で遊んだり・・・と機嫌良く過ごすことも多くなりました。 泣く姿もありますが、「ねむいのね、おなかすいたのね、だっこしてほしいのね」その気持ちを言葉にし受け止めてあげることで安心し、満足しています。 また、あやしたり・ふれあったりすると、喃語を発したり笑ったりと穏やかになります。園庭遊びも大好きで、見たりふれたりを喜んでいます。
 今月も一人ひとりの生活リズムを大切にし、いろいろな気持ちや姿をやさしく受け入れ、安心して機嫌良く過ごせるようにかかわっていこうと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 ゴールデンウィークも終わり「大きなコイノボリを歩いたんよ」「買い物に行ったんよ」と、休みの間の出来事がポンポンと飛び交い、会話が出来るようになり成長を感じると同時に、お家の方の愛情をいっぱいもらって嬉しそうにしている子どもたちを見てて、私たちも嬉しくなりました。
 新しい環境にも少しずつ慣れ、元気に過ごしているうさぎ組の子どもたちです。園庭のコイノボリに負けないくらい元気いっぱいです。
 4月は、まず新しい環境に慣れることを大きなねらいにしてきましたが、部屋や園庭にも少しずつ慣れてきています。
 5月は、散歩にも出かけました。友だちと手をつないで「あっ、タンポポや」「みてみて、チョウチョ」とみんなイキイキして春の自然に触れていました。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 暖かな日差しの下、園庭では子どもたちが気持ちよさそうに遊んでいます。
 進級して一ヶ月が過ぎ、新しい環境にも少しずつ慣れ、自分で・・・一人で・・・という姿も見られ始めました。
 子どもたち一人ひとりの気持ちを受け止めながら手助けをしたり、声かけをしたりして、これからの成長につなげていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 さわやかな風が吹き始めた5月、新しい環境にも少しずつ慣れてきた子どもたち「おはよー!」っと元気な声で部屋の中に入ってくる姿がたくさん見られるようになりました。
 天気のいい日は園庭でおもいっきり体を動かして遊んでいます。「せんせーはっぱとって〜」っと藤の花を使ってままごとをしているお友だちがいっぱいです。「せんせーだんごむしみせてあげよっか!!」「あっちにカエルがおったよ」っと虫探しが大好きなお友だちもいっぱいです。園庭にいるコイノボリに負けないくらい元気いっぱいに走り回っていますよ〜!!

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる