杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 ★〜こんなに大きくなりました〜★
 0歳児さんの大きいお友だち10人は、4月から1歳児になります。
 入園・進級の当初はまだ歩いていなかった子どもたち、不安で登園時から涙がいっぱいありましたが、今ではすっかり保育園に慣れちょこちょこ走り回り元気いっぱいです。生活リズムの流が分かり、言葉をかけると手洗いをしたり、椅子に座って待ったり、挨拶をしたり、自分でスプーン・フォークを持って食事をしたり、自分の布団に入ったり、出来ることが増えてきました。
 友だちへの関心も芽生えてきて、遊びを真似たり側に行ってみたり玩具の取り合いをしたりする姿がたくさん見られます。
 言葉も自分の意思を伝えたいという欲求が出てきて、指差しや身振り片言などを使うようになってきています。そんな時は「○○するの?」ときちんと言葉にして聞くと「うん」とうなずいたり、違う時は首を左右に振ったりして表現できるようになってきて、職員一同喜んでいます。
 1歳児さんは、ヨチヨチ歩きだった子どもたちが、今では部屋中を大運動会のように走り回り、おしゃべりも上手になりました。
 何をするにも先生任せだったのが、自分で靴を履いたり鼻水を拭いたりしています。遊びにも食事にも眠ることにも、自信を持って行動しています。 排泄についても、一人でできることは見守りながら一人でさせてあげています。
 もうすぐ「うさぎぐみ」になることを楽しみにしているこの頃です。皆本当に大きくたくましく成長しました。これもお家の方々の応援のおかげです。ありがとうございました。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 4月に出会ったうさぎぐみさんは、まだ赤ちゃんらしさの残る幼い表情でした。お家の人とのお別れもつらくて涙の子も多かったですね。又、遊んでいる時もオモチャの取り合いになってうわ〜ん≠ニすぐに泣いてました。9月から仲間入りした1歳児のお友だちも、同じような姿が見られました。
 そんなうさぎぐみさんが、毎日お友だちとのかかわりの中で、友だちの思いにも気付けるようになって、オモチャを貸してあげたり、心配してあげたり、手伝ってあげたりする姿も見られるようになりました。
 一人でできることもいっぱい増えて、もうすぐきりんぐみさん∞もうすぐ大きいうさぎさん≠ニいう思いを持って、はりきっている姿が見られます。この一年間、心もからだも大きく大きく育ちました。私たちは、そんな心優しい素直な子どもたちが大好きです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 きりん組での生活もあと少しとなりました。たくさん遊んでたくさんけんかをしたり、一人では上手に服を着替えられなかったり、ご飯のおこびしも多かったり、オシッコに間に合わず失敗したこともたくさんありました。
 この一年間、いろいろなことを学び心もからだもグーンと大きく成長しました。これからも友だちと一緒にたくさん遊んで益々大きくなってほしいと願っています。
 一年間行き届かない面が多々ありましたことを、心よりお詫び申し上げます。そして、たくさんのご協力ありがとうございました。

 
 

 
 

 
 

 
 

 もうすぐ卒園・・・「みんなおおきくなったね」
 早いもので園生活も残り少なくなってきました。リーダーさんの年長児としても張り切り遊んで、いろいろなことに取り組んでくれました。年下の友だちにもお世話する、やさしいお兄さん・お姉さんでした。
 できないことにも努力しできるようになり、今では自信を持って考えて生活したり、遊んだりしています。友だちの思いに気付くこと、又、みんなとつながり合った楽しさや、人の役に立った嬉しさ、やり遂げた満足感を友だちや保育者と共感し合うことをたくさん経験してきました。
 保育園生活での経験で培った自信を胸に、いきいきと小学校生活を送ってもらいたいと思っています。
 みどりさんたちも友だちと遊ぶことが大好きで、いつも友だちのことを気遣う優しさをいっぱいもっています。目的を持ってみんなで協力し合ったり、教え合う気持ちも育ってきています。
 自然と触れ合うことが好きで、いろいろ発見しては遊びに取り入れてきました。キラキラ輝いて、そしていつも笑っていました。もうすぐしょうがっこうにいく・ようちえんにいく≠ニそれぞれの未来に向けて希望いっぱいのみんなです。未来に向かって大きくはばたいてください。
 お家の方にも感謝しています。一年間みんなと過ごせて幸せでした。思い出をありがとうございました。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる