杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 0歳児の姿
 やっと歩けるようになった子どもたちやずいぶん上手になった子どもたちも、歩くことが嬉しくてたまらないといった様子で、友だちと気ままに歩いて、歩くことを体で楽しんでいます。
 今月は、気温の差が大きいので、着脱しやすい衣服にしましょう。体調を崩しやすい時でもありますので、顔色や便の状態に気をつけ、いつでも子どもたちが健康で気持ちよく過ごせるように配慮していきたいと思います。
 1歳児の姿
 子どもたちはこの夏、パンツで過ごす快適さを感じたと思います。でも濡れてから「おしっこでた」と言ってきたり、パンツになるのは好きだけど、トイレに行くのは嫌いとか、トイレに行ってみるけど出なくて、パンツを履いたとたんに出るなど、子どもの気持ちとタイミングはなかなか合わないことがあります。
 まず、子どもの気持ちを大切に、トイレで出た時はしっかり褒め、あせらずに関わっていきたいと思ってます。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 暑いあっ〜い夏も、お盆を過ぎた頃から、園庭で遊んでいるときにス――と涼しい風が吹き、心地よい風を感じながら遊べるようになってきました。
 暑い夏を元気に乗り越え、また、8月中は大きいクラスのお兄ちゃんやお姉ちゃんたちと一緒に遊んだり生活する中で、いろんな経験をし少したくましくなったような気がします。
 これから運動会の練習も始まります。園庭でのかけっこの練習をすると、“ヨーイドン”のスタイルがとってもかっこいいみんな!!一度かけっこをすると「せんせーまたヨーイドンしたい!!」ととっても意欲まんまんのうさぎぐみさんで――す。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 


 7月からの梅雨明けから毎日暑い日が続いていましたが、気が付けば朝夕の吹く風に涼しさが感じられ、日中も過ごしやすくなったきました。
 この夏たくさんの夏の遊びを満喫できた子どもたち、これからは「運動会」。体をめいっぱい動かして遊んでいきたいと思います。
 夏の疲れも出てくるころですので、睡眠をしっかりとり朝ご飯もしっかり食べて、体も頭も目覚めさせたスタートにしていきましょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 とっても暑かった夏も終わりに近づき、少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。コスモスの花もちらほら、“コンニチハ”と笑っています。
 今夏、プール・色水・どろんこ、そして川あそびと夏ならではの遊びを楽しみました。プールでは顔つけができるようになったり、アサガオ・松葉ボタンの花で色水を作り「せんせい、みてきれい」とその色のきれいさに感動したり、草で「お茶できた」と工夫する姿も見られました。
 川あそびでは、流れる水を歩いたり船を流したり水てっぽうで遊んだり、自然の中で満喫しました。この夏の体験は子どもたちの心も体もたくましく成長したことと思います。お家でもいろいろなところに遊びに出かけ、楽しい思い出もできたようですね。心が元気に豊かになったと思います。
 また、きりん・うさぎぐみの年下の友だちともたくさん触れ合いました。一緒に過ごす中で、世話したり遊んだりし優しさや思いやりも育ってきてます。年長・年中児としての自覚も出てきて、とても良い経験でした。この経験が自信となり意欲的にいろいろなことにチャレンジさせていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる