杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 厳しい寒さが少しずつ和らぎ、日差しにぬくもりを感じるようになりました。
 早いもので今年度も残り少なくなりました。0歳児さんは、4月からはひよこ組の先輩、1歳児さんは、2歳児クラスのうさぎ組に進級します。
 あらためて一人ひとりのこの一年の成長を振り返りながら、子どもたちとたくさん触れ合い楽しい毎日を過ごしていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭のプランターにチューリップの芽が顔をのぞかせて、春を感じられるようになってきました。
 早いもので、うさぎ組の生活もあと1ヶ月近くになりました。「もうすぐピンクさんになる〜」「きりんくみがいい」「ぞうぐみよ」と、少しずつ次へのステップの思いも膨らんできているようです。
 この一年間“い〜っぱい笑いがありました”“い〜っぱいケンカもありました”“い〜っぱい涙もありました”“い〜っぱい発見もありました”“い〜っぱいうれしい・楽しい”もありました。そんな日々の積み重ねを通して、思いやりの心が大きくなって、お友だちが休むと心配したり、ケンカをしていると仲裁に入ったり、お友だちが泣いていると「どうしたの?」と聞いてあげたり、優しさもいっぱいあふれるようになってきたことがうれしいです。
 そして、自分でできることもたくさん増えました。「1人で洋服着れるよ」「オシッコ・ウンチをトイレでできるよ」「お友だちと一緒に遊ぶのが楽しいよ」「お友だちにオモチャを貸せるようになったよ」「三輪車に乗れるようになったよ」「ジャングルジムに登れるようになったよ」等々、ここには書き尽くせませんが、お家の方々もこの一年の成長に驚かれ、また、喜ばれていることと思います。
 私たちも、一年間にぎやかで元気いっぱいのうさぎぐみさんと過ごしてきて、とてもとても楽しかったです。ちょっと早いですが、一年間ありがとうございました。暖かく見守っていただき、本当に感謝しています。又、これからもお子さんの成長をたのしみにして、応援していきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 卒園・修了の日が近づいてきました。子どもたちも、もうすぐ卒園することや友だちとお別れすることがさびしいようで「もうすぐそつえんしたら、あそべんことなるもんねー」「でも、またあそばれるときもあるんよー」など話しては、元気に遊んでいる毎日です。
 いっしょに泣いたり・笑ったり・おこったり、又、笑い合ったり・・・一年間楽しい思い出がたくさんできました。いっしょに生活し、遊ぶ中で、お友だちが困っている時にそっと声をかけてあげたり、手をかしてあげる、やさしい気持ちが芽生えてきました。
 そんな姿を見かける度に、よかったな〜∞うれしいな〜≠ニ感じ、心の中がポカポカあったかくなりました。そんなみんなにありがとう!!≠フ気持ちでいっぱいです。
 1日1日を大切に……えがおいっぱいに過ごしていきまーす。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 春、3月、早いですね。 今年度、最後の月になりました。
 ひとつひとつの行事を終える事に、みんなすごい成長を見せてくれました。苦手な食べ物を、がんばって食べれるようになったり、友だちにオモチャを貸してあげれるようになったり、グループ活動ができるようになったり、まだまだたくさんできるようになった事があります。うれしいですね。
 これもお家の方のご協力のおかげです。ありがとうございました。
 一年間、数々の御協力と忙しい中で送迎にお礼申し上げます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる