杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 朝夕の空気がひんやりと冷たくなり、秋もずいぶん深まってきました。
 今年は暑い日が長く続いて、いつまでも夏といった感じで、急に寒くなったように思います。
 気が付けば11月、月日のたつのは早いものですね。ひよこ組さんは急に寒くなり風邪をひくお友達が多いです。これからの季節、衣服の調節をしながら薄着の習慣を身につけ、元気で丈夫な体づくりをしていきましょうね。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 秋の深まりと共に、園庭のイチョウの葉も黄色に染まりとてもきれいです。
 そのイチョウの落ち葉を見つけ、「わあ〜いっぱいある〜」「きれいね〜」と、葉っぱを集めてきては、鍋に入れて料理作りがはじまります。「ご飯できたよ〜」「焼きそば作りよんよ〜」「おいしいよ〜」「食べて〜」とごちそうしてくれます。自然の物を使っていろんな遊びが出来るのは、とっても幸せなことですね。
 他にも手のスタンプあそびをしたり、きのこ(部屋に飾っています)を作り、この間、秋晴れの日に散歩に行き、ドングリひろいをして、そのドングリをフィルムケースに入れ、マラカス作りをしました。♪オモチャのチャチャチャ♪や♪ドングリころころ♪をみんなで演奏して楽しんでいます。
 保育園の周りには、自然がいっぱいです。これからも自然に触れて、子どもたちの発見・驚きを大切にしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭のイチョウの葉がヒラヒラと舞い降りて・・・黄色のじゅうたんを敷きつめたようにきれいな秋です。
 子どもたちは、イチョウの葉を拾って、ごちそう作りや葉っぱのお家ごっこを楽しんでいます。
 12月のおたのしみ会に向けての活動もスタートしました。「せんせい、プリキュアのおどりする?」「しずくちゃんのおどりしたい」「ぼく、ゲキレンジャーになるんよ」など・・・子ども達もノリノリです。
 子どもたちの成長が感じられるような、ステキな想い出に残るおたのしみ会にしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 園庭のイチョウの葉も日を追うごとに色鮮やかになってきました。
 10月は、お家の方の協力をたくさん頂き、おかげさまで子どもたちは楽しい想い出や自信をつける事ができました。ありがとうございました。
 バス遠足の経験を生かして、動物園を作り、個性豊かなステキな動物ができました。実際に観る動物たちの迫力をいかす事ができましたよ。
 今回の自信を、おたのしみ会につなげていきたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる