杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 なーんとなくすっきりしないこの時期。蒸し暑く・寝苦しい夜が続いています。まだまだ体調を壊す子ども達も多く、急に熱が出たり‥‥梅雨明けが待ち遠しいですね。
 ひよこ組での生活も4ヶ月目、朝のお集まりや絵本を見たりと生活の流れも出来て、お集まりの後は外で遊ぼうと声をかけると、喜んで帽子をかぶらせてもらっています。
 今月から水遊びも始まります。体調に合わせて、無理にならないように楽しんでいこうと思います。毎日の健康管理に気をつけたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 毎朝、必ず外を眺めて「きょうはあめふってないけ、そとであそべるね」「あめがふりよるね〜おそとであそばれんね〜」と、梅雨のこの時期、天候が気になるのは大人だけではないようです。
 ある雨の日に‥‥「カエルがうれしいよね〜」「かたつむりもあめすきよね〜」雨が激しくなると‥‥「もう〜うるさいね〜」「バタバタってきこえるね〜」と、子どもならではのかわいいつぶやきも聞かれます。
 今年は雨が少なく、子どもたちは外で遊べると大喜びです。元気な子どもたちは、やっぱり太陽が大好き!!外遊びが大好きなようです。そこで、裸足になり砂場へ「きもちいいね〜」「つめたいね〜」と体で感じたことを言葉で表現していました。みんなで力を合わせて砂山作りをしたり、たらいに水を入れて水遊びもしました。また、シャボン玉も経験しました。「ふ〜」と吹くのに真剣な子、大きく膨らませる子、友だちが吹いたシャボン玉を追いかけてつぶす子、「いっぱいできたよ〜」「まだまだする〜」「しゃ〜ぼんだまとんだ〜♪」と歌う子、みんなが夢中になって遊ぶ姿が見られました。
 梅雨が明けるとギラギラ光る太陽の季節、夏です。夏を体いっぱい感じながら、夏の遊びをみんなで楽しみたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 先日の大雨のときに、「せんせーい、みて〜!!おそとがうみになってるよ」の声‥‥。今年は雨があまり降らないナァ〜と思ってた途端に激しい雨と雷にビックリしました。
 晴れた日には砂場で山作りや水を使って、川・海づくり・ドロンコあそびを十分楽しんでいる子どもたちです。水あそび・ドロンコあそびに夢中の子どもたちの表情は、キラキラ輝いて本当に楽しそう!!
 梅雨が明けると本格的な夏到来です。今年も夏≠思いっきり楽しんで、元気に過ごしたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 梅雨空の合間を見れは、ドロンコ遊びをしている子どもたち、暑い夏がすぐそこまで来ているように思います。
 ドロンコ遊びをしている子、虫探しをしている子と、自分の好きなあそびに夢中になっている子どもたち、とっても輝いています。この輝き大事ですよね。大人になっても何かに夢中になり輝く事、とっても大事ですよね。
 今月は、楽しい事が盛りだくさんの月です。特に4・5才児さんは、ワクワクドキドキのドリーム保育があります。とっても楽しみにしています。健康管理に気をつけて、楽しいドリーム保育にしたいと思います。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる