杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 これからの季節、シトシトと雨が降り室内で過ごす時間が多くなってきますが、雨の音やにおい、雨の時に出会えるもの・感じることを大切にしながら、日々過ごしていきたいと思います。
 また、心地よく園生活ができるよう衛生管理、体調の変化には十分注意し、この時期を乗りきっていきたいと思います。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 「せんせいおそとであそぼう。」と子どもたちの声、「そうだね、おてんきいいし、おそとであそぼうか」と答えると、サッと帽子をかぶり、靴をはき、うれしそうに園庭に飛び出していきます。
 行き場所はそれぞれ‥‥。おにいちゃん・おねえちゃんの側に行き一緒に遊ぶ子、砂場で山を作ったり・型作りをしたり、うさぎぐみの友だちと遊具で遊んだりと、元気で笑顔の子どもたちがいます。その姿を見てこちらも笑顔になり、一緒に楽しく遊んでいます。
 外あそびからいろいろ得るものも大きいですね。園庭のまわりの自然の恵みを受けながら‥‥。
 今から梅雨に入りますが、折々の季節は自然の姿を変えながら、その中で過ごす子どもたちもはぐくんでいきます。自然にふれ、この梅雨も楽しく過ごせたらなーと思っています。今月はどんなものに興味を示し、感動するのかな?

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

  6月‥‥雨の季節を迎えます‥‥
 梅雨を迎える前に、戸外でのあそびを思いっきり満喫している子どもたちです。「せんせーい、おはよう!!」「おそとであそんでいい!?」‥‥と、ニコニコ笑顔で外へ飛び出して行くきりんぐみさんです。
 「せんせーい、ミミズみつけたョー」「せんせーい、これようちゅう!?」「みてー!!ホタル〜!!」‥‥えっ!?ホタル!?=d‥と毎日虫探しに夢中の男の子。砂場のまわりでは、ゴザの上でままごとやお母さんごっこ‥‥、ドロだんご・プリン・ケーキづくり・焼き肉ごっこがとても楽しそうな女の子。一人ひとりが、好きなあそび、好きな場所を見つけて、笑顔いっぱいに遊んでいます。あそびを通して、友だちとのかかわりも増え広がっているようです。
 これから雨の日も多くなりますが、梅雨の季節ならではの楽しい遊びも発見しながらたのしーい*日を過ごしていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 アサガオの種まきをしました。毎日水やりをし、いつ芽が出るかな?と心待ちしてたある日、ポツンと一つ芽を発見「ワァー芽が出たよ〜」と大喜び!1人から2人、2人からみんなに知らせ合い、アサガオの周りで喜び合ってる姿‥‥とても微笑ましかったです。「美しい花を咲かせてね」と言いながら、水やりをしています。
 カタツムリも1匹から3匹になり、「あっ!人参を食べよる。キャベツも食べよるね」‥‥と好奇心がムクムク‥‥。
 花の成長やカタツムリの飼育を通して、生き物の命に気づき、大切に育てる気持ちを伝えたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる