杉ノ子保育園のクラスのたよりです。

 子どもの笑顔に誘われて、桜の花びらが舞い降りてきました。
 おうちの人と“さよなら”すると涙がポロリ、でも振り向いてお友だちを見るとすぐにニッコリ、子どもたちもだいぶ新しい環境に慣れてきました。
 泣いているお友だちを見ると、頭をヨシヨシしてあげている優しい1才児の子どもたち。離乳食をモリモリ食べている0才児の子どもたち。個性を大切にして、成長の手助けをしていきたいです。


 
 

 
 

 新しいクラスになったよ!!
 新しいお部屋になって少し不安を感じていた子も、今まで一緒だった友だちがいて少しずつ笑顔のでてきました。ブロックで遊んだり、絵本を見たり、ミニカーで遊んだり、遊ぶことが楽しくなってきているようです。
 おしゃべりも盛んで「たけのこごはんたべたよ」「これよんで」「すごいやろ」「うどんとおかずすきよ」「これおもしよいね」など、毎日楽しいおしゃべりが聞かれます。
 また、新しいクラスになって一番嬉しいことは、広い園庭・遊具で遊べることのようです。「せんせいおそといこーう」と要求もあり、ほとんど毎日元気に新緑の園庭で遊んでいます。自然の中でおいしい空気を吸いながら、素敵な笑顔がいっぱい見られるうさぎぐみさんです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 ご入園・ご進級おめでとうございます!
 新しいきりんぐみさんがスタートしました!!希望に満ちて新しいクラスになった子どもたちは、心も体も成長しています‥‥。ちょっとドキドキ‥‥うれしい気持ちや、ほんの少し緊張した気持ち‥‥一人ひとり思いは違うことと思います。そんな一人ひとりの気持ちを大切にしながら、側で見守ったり応援したりして、子どもたちの力になれるように保育をすすめていきたいと思っています。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 新しいお友だち・新しいクラス・新しい担任と、ワイワイ・ガヤガヤとにぎやかにぞう組がスタートしました。
 新しい環境に少しずつ慣れ、持ち物の始末も自分でしようとしています。進級して事が嬉しくて、はりきったり・はしゃいだり、新入園児は園内の探索活動を楽しんだりです。
 空を泳ぐ“こいのぼり”を見て、クラスでもこいのぼりつくろ〜≠ニいう事になり、童話の里玖珠にちなんで“ジャンボこいのぼり”とまではいきませんが、みんなで協力して、描いて・切って・貼り付け“杉ノ子こいのぼり”を作り上げました。「やったー」「できたー」「ここを作ったんよ」等、満足の子ども達で〜す。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

<< 行事特集一覧へもどる